業界研究

【物流業界の現状と主要企業】志望動機例文やおすすめの書籍を紹介

物流業界とは

物流業界は運送・運輸を主な業務としている業界であり、その中でも航空や鉄道、海運などさまざまな企業があります。一口に物流と言っても活躍の幅はさまざまであり、国内の運送などに限定している企業もあれば、海を渡って海外への運輸などをしている企業もあります。

物流業界は就活生に人気の業界ですが、単に物を運ぶというイメージだけで業界について詳しく知らない人も多いです。物流業界についての知識をしっかりと深め、就活に役立てていきましょう。

物流業界

物流業界は分野によって動向はさまざまですが、基本的には横ばい、あるいは回復傾向で推移しています。運送や運輸・倉庫の分野ではネット通信販売の増加により大きな成長を遂げています。ネットの注文が殺到するあまり、業務が滞ってしまう心配があり、それをどう解消できるかが今後のカギになるでしょう。

航空や鉄道分野は、外国人旅行者や国内での旅行の増加により業績は回復傾向にあります。国内の景気回復に伴い、航空・鉄道の業績も順調に回復しています。物流業界の中で業績の増減が大きいことが海運分野の特徴です。海運は国内だけではなく、国外や世界の景気にも左右されます。リーマンショック以来順調に回復傾向にありましたが、現在では横ばい状態が続いています。

3PLというモデルの物流が注目されている

近年物流業界では、3PLというモデルが注目されています。これはサードパーティーロジスティクスの略称であり、物流における運送手配や在庫管理、流通加工や運送管理を第三者企業がおこない、物流システムを一元化したものです。

つまり、荷主となる業者は商品の管理などの本業に専念でき、物流にかかるさまざまな業務を第三者に一任できるため、より効率的に物流サービスを提供できます。3PL業者にはアセット型とノンアセット型があり、前者は自社で倉庫や輸送手段、物流拠点などを持っている点が特徴です。

対して後者は倉庫や輸送手段などを持っていないため、輸送業者や倉庫業者と提携しながら、物流サービスを提供しています。3PL業者は増加傾向にありますが、企業によって特徴が異なることは覚えておきましょう。

働き方改革により残業時間の削減が求められている

物流業界では働き方改革の推進が急がれており、いかにして労働者の負担を減らすかが考えられています。特に残業時間の削減が急務となっており、各社さまざまな取り組みによって働き方改革に努めているようです。

ネット通販の普及による個配の増加によって物流業界は忙しさを極めています。残業が増えると物流業界で働く人の負担が増え、退職者は増加します。退職者が増えることで人手不足に拍車がかかり、さらに残業が増えてしまうという悪循環が懸念されているでしょう。

これらに対応するために、物流システムのさらなる改良や企業内での労働環境の改善がおこなわれており、物流業界は変化の過渡期にいるといえます。

物流の仕組み

物流業界への理解を深めるためには、業界がどのような仕組みで動いているのかを知っておくことが大切です。物流業界の仕事内容は多岐にわたり、商品の保管や荷役、加工や梱包・包装、情報管理などがあげられます。

荷物の運搬にはこれらのさまざまな仕事が含まれており、例えば保管は荷物の受け取り日程までの荷物の保管、荷役は荷物の積み下ろしや保管拠点での荷物の出し入れなどです。加工は商品ラベルの貼り付けが該当し、梱包や包装は、文字通り商品を発送できる状態に梱包・包装をすることです。

情報管理は宅配の番号追跡サービスや顧客情報の管理であり、これらの仕事が一連となって機能することで、物流業界は動いています。

物流業界の業績推移について

  • 業界規模36兆8,700億円
  • 平均年収650万円
  • 平均継続年数15年

物流業界は運送、航空、鉄道、海運、倉庫・運送の大きく5つの分野に分けられますが、それらの合計した業界規模は約36兆8,700億円です。これは他業界と比べても大きい数字であり、物流業界は巨大な産業であるといえます。

業界全体としての平均年収は650万円ですが、これも各分野によって異なります。同じ物流業界でも、航空や海運、倉庫・運輸は平均年収も高い傾向にあり、運送・鉄道業界は他に比べれば少し低い年収です。しかし、他業界と比べても平均年収は高いです。平均継続年数は15年ほどであり、これも分野ごとに違いがあります。

物流業界の細かい職種分類について

  • サービス職
  • 事務職(企画、営業、販売促進など)

物流業界では分野ごとにそれぞれ職種が異なっていますが、大きくサービス職と事務職の2つに分けられます。サービス職は現場での運送、宅配などをおこなう職種です。航空であればパイロットやCA、空港職員などもこれにあたります。海運の場合は航海士や機関士などが該当し、専門職であり誰でも志望できるわけではありません。

事務職の場合は、企画や営業、販売促進など基本的には企業本社での勤務になります。運送・運輸ルートの開拓や見直しをおこなったり、自社サービスを新たに考えることもあります。物流業界の職種は基本的には現場と本社で分けられ、それぞれが連携することが大切です。どちらか片方を知っていればいいのではなく、それぞれの職種についての知識を深めることが大切です。

物流業界で求められるスキル

物流業界はさまざまな人と関連して仕事をおこなうため、コミュニケーション能力は必須です。ただ荷物を運搬するだけではなく、関連業者や顧客と優良な関係を築くことが求められます。

また、商品は大切に扱わなければならないため、繊細な気遣いができるかどうかも重要でしょう。物流では自然災害や事故などによるトラブルも起きやすいため、どのような状況にでも対応できる臨機応変さが求められます。

資格の面でいえば、フォークリフトや通関士、貿易実務検定などが評価されることが多いです。倉庫作業が多いならフォークリフトの資格が、貿易関係の仕事が多いなら通関士や貿易実務検定の資格を持っていると、選考で有利になりやすいでしょう。

主要企業5社

業界を知るためには、その業界で主要となっている企業を知っておくことも大切です。小さな企業であっても素晴らしい企業はたくさんあります。大きい=優れた企業であるわけではありません。

しかし、大きい企業は業界での影響力や発信力も強いです。業界をけん引しているのは主要企業であり、主要企業を知ることで業界の大枠やトレンドなどを知ることもできます。物流業界の主要企業を知り、さらに業界への理解を深めていきましょう。

①日本通運株式会社

  • 企業名:日本通運株式会社
  • 代表者名:齋藤 充
  • 従業員数:32,280人
  • 設立年月日:1937年(昭和12年)10月1日

日本通運株式会社は自動車から鉄道、海上、船舶、航空輸送などの物流事業を幅広くおこなっている企業です。事業規模は大きく、物流事業とそれらに関する事業などさまざまな分野に事業を展開しています。全国各地に拠点を持ち、日本でも最大級の運送会社です。また、国内だけではなく、海外にも拠点を持つグローバルな企業でもあります。国内外での物流に携わり、幅広い事業展開によって高い売上を誇っている企業です。

活動拠点が多く、それだけ多くの人に関わる仕事でもあります。物を運べばいいだけではなく、物を運ぶことで関係性を築く必要があり、高いコミュニケーション能力が求められます。また自分の目でみて、行動することが社風としてあり、自分の力を発揮しながら周囲の人と切磋琢磨して成長できる環境です。

②ANAホールディングス株式会社

  • 企業名:ANAホールディングス株式会社
  • 代表者名:片野坂 真哉
  • 従業員数:185人 (連結従業員数 45,849人)
  • 設立年月日:1952(昭和27年)12月27日

ANAホールディングス株式会社は全日本空輸株式会社などの持ち株会社であり、それらのグループ企業を運営することが主な事業内容です。全日本空輸では、定期航空運送事業や不定期航空運送事業、航空機使用事業などが事業内容であり、大きく航空事業をおこないます。ANAでは、それらの企業を運営することが業務です。

ANAは国内でも最大手の航空事業社であり、航空業界をけん引する存在でもあります。LCCなどの格安航空の登場により、料金の値下げなどが検討されていますが、インバウンドの増加により業績は回復傾向にあり好調です。ANAでは個人が頑張るのではなく、チームとして働くことが求められています。チームで力を合わせて働く社風であり、コミュニケーションが取りやすい風通しのいい職場だといえます。

③東日本旅客鉄道株式会社

  • 企業名:東日本旅客鉄道株式会社
  • 代表者名:冨田 哲郎
  • 従業員数:53,200人
  • 設立年月日:1987年4月1日

東日本旅客鉄道株式会社は、鉄道事業だけではなく、さまざまな業務を幅広く展開している企業です。鉄道事業を始めとして、貨物鉄道や倉庫、自動車運送など物流企業としても幅広い分野で活躍しています。また、物流だけではなく、広告や金融、不動産など、その他の業界でも活躍している企業です。

鉄道事業は景気の悪化とともに売上も減少傾向にありましたが、景気回復に伴い、現在では回復傾向にあります。また、インバウンドの増加や国内でも旅行客の増加により、業績は安定傾向です。JR東日本では人物重視で採用が進められており、一緒に働きたいと思える人が採用されています。人物重視で多様性が求められているため、個性が尊重される社風であるといえます。

④日本郵船株式会社

  • 企業名:日本郵船株式会社
  • 代表者名:内藤 忠顕
  • 従業員数:34,857名
  • 設立年月日:明治18年(1885年)9月29日

日本郵船株式会社は、一般貨物輸送事業や不定期専用船事業などをおこなっている企業です。一般貨物輸送事業としては、定期船事業や航空運送事業などの物流事業が挙げられます。海運だけではなく、航空の分野にも事業を展開していることが特徴です。また物流事業だけではなく、その他事業として不動産業などもおこなっています。

職種は大きく陸上職と海上職に分けられ、海上職は航海士や機関士の業務ですので、専門職です。また、陸上職であっても事務職と技術職のふたつに分けられています。日本郵船はグローバルな企業であり、既成概念にとらわれない新しい発想ができる人が求められています。留学生の就職を募集するなど多様性が求められている企業でもあり、個性を発揮しやすい社風でしょう。

⑤郵船ロジスティクス株式会社

  • 企業名:郵船ロジスティクス株式会社
  • 代表者名:水島 健二
  • 従業員数:24,713名(連結)
  • 設立年月日:1955年(昭和30年)2月28日

郵船ロジスティクス株式会社は、貨物自動車運送事業や海運仲立業、通関業や倉庫業などをおこなう企業です。また航空船舶会社の代理店業をおこなうなど、陸海空のすべてを舞台に活躍している企業でもあります。海運業は売上の変動も大きいですが、航空や倉庫事業など、業績のよい分野でカバーし、高い売上を誇っています。

ネット通販が盛んになったことで、特に倉庫事業が順調であり、急速なニーズの高まりに対応できるかどうかが、今後の課題です。また物流事業だけではなく、物流コンサルタント業をおこない、物流に対して強みのある企業だといえます。郵船ロジスティクスはグローバルな企業であり、多様な人材が求められています。個性が発揮しやすい職場であり、個人としても高い能力が求められる社風です。

自己分析ツールでサクッと簡単!
物流業界への適性を診断しよう

自分が物流業界に向いているのか、気になりませんか?志望企業・業界への適性が知りたくても、なかなか時間が取れない人も多いでしょう。

そこで活用したいのが、自己分析ツール「My analytics」です。36の質問に答えるだけで、簡単に自分の強み・弱みに基づく適職を診断できます。

ぜひ活用して、志望企業・業界への適性をサクッと把握しましょう。

物流業界の志望動機例文

物流業界は人気の業界であり、多くの就活生と競い合うことになるでしょう。そんな中、他の就活生と差をつけるために押さえておきたいのが、志望動機の書き方です。志望動機の書き方ひとつで、面接官に与える印象は大きく変わります。

内定がもらえるかどうかに大きく関連してくる項目だと言ってもいいでしょう。ここでは、物流業界の企業に応募する際の志望動機の例文をまとめました。こちらを参考に、物流業界の企業に響く志望動機を作成しましょう。

例文①

私は、運輸業界の中でも、貴社が持つ世界規模のネットワークに魅力を感じ貴社を志望しました。私は私生活で多くの配達サービスを利用しています。自分一人ではなかなか運ぶことのできない大物家具や、どうしてもかさばってしまう日用品などを購入する際、配送してくれるサービスはとても便利であり、私にとってはなくてはならないサービスです。
そんな、私たちの生活に密接に関係し、生活を豊かにしてくれる運輸業に興味を持ちました。運輸業界の中でも世界規模のネットワークをもつ貴社で私の強みである英会話力を活かし、人々に笑顔を届けたいと思います。

志望企業のどこに惹かれたのかを明確に書くことで、企業への理解度を面接官へ伝えることができます。また、どうして運輸業界に惹かれたのか、どうしてこの企業でなければならないのかといったことまで書くことで、より具体性のある伝わりやすい志望動機となるでしょう。

例文②

私は貴社の「新たな技術を積極的に取り入れる社風」に惹かれ、志望致しました。物流業界は、あらゆる業界を支える世の中に無くてはならない業界です。私自身配達ドライバーとしてアルバイトをしていたこともあり、物流業界には興味がありました。
物流業界において、数ある企業の中でも、AIやドローンなど、最新技術を積極的に取り入れている貴社に魅力的に感じました。私が大学時代に研究していた、プログラミング言語Pythonを用いたAI作成の知識を貴社で活かし、効率的な物流を広めるお手伝いをしていきたいと考えています。

一口に「物流業界」といっても、企業が求めている人材は配達ドライバーだけではありません。大学で学んだ知識や、アルバイト等で得た経験を活かせる募集もあるでしょう。企業研究をしっかりおこない、どのような人材を募集しているのかを見極めることはとても大切です。企業の強みを把握したうえで自分の強みと繋げ、説得力のある志望動機を作りましょう。

例文③

私は貴社がおこなっている地域密着型の運送形態に魅力を感じ、貴社を志望致しました。私が普段から利用している赤字運営の路線バスが貴社のサービスによって黒字になり、運送の手間も省けるようになったことから、貴社に興味を持ったことがきっかけです。
多くの地域密着型のサービスを手がけている貴社であれば、私の生まれ育った地域に恩返しができるのではないかと考えています。大学時代の学内インターンシップで培った提案力を活かし、貴社に貢献していきたいと思います。

自分の経験と物流業界や志望企業に興味を持った理由を結びつけることができれば、より説得力のある志望動機となるでしょう。「大学時代にどのようなことをおこなったのか」「企業にどう活かすのか」といったことまで書くことで、よりよい印象を与えられます。

物流業界研究のおすすめ書籍紹介

業界研究を進める方法はさまざまあり、業界について書かれた書籍を参考にすることも方法のひとつです。書籍ではネットでは知ることができない情報を知ることができ、ひとつのテーマについて深く理解を深めることができます。

専門的な知識を持っていれば選考でも有利になりますし、就職してから役立つ場合もあります。物流業界についてを記したおすすめの書籍を参考にして、より細部まで物流業界についての知識を身に付けていきましょう。

図解基本からよくわかる物流のしくみ

図解基本からよくわかる物流のしくみは、物流業界についての基本知識から最先端事例まで知ることができます。物流業界に関して基本的な知識や、物流の機能などを知ることができますし、業界の仕組みまで細かく知ることができます。企業の事例を交えて図解で説明されているため、基礎知識がなくても問題ありません。

物流業界の入門書としてもおすすめであり、物流業界を目指すのであればぜひ持っておきたい1冊です。基本的な知識だけではなく、そこから発展してさまざまなことを学ぶこともできます。物流のシステム化のポイントやコストの捉え方など、上級者向けの内容もあり、物流経験者にもおすすめです。就活だけではなく就職後も役に立つため、物流業界を目指すのであればぜひ読んでおきたい1
冊です。

この1冊ですべてわかる 物流とロジスティクスの基本

この1冊ですべてわかる 物流とロジスティクスの基本では、物流だけではなく、生産や仕入、在庫管理の基本なども紹介されています。それらを知ることでロジスティクスについての理解を深めることも可能です。物流とロジスティクスは同じものと考えられることも多いですが、実はそうではありません。ロジスティクスは物流よりもさらに広い考え方であり、その違いについてもこの本で紹介されています。

物流とロジスティクスそれぞれの基本を知ることで、物流に対する幅広い知識を身に付けることができます。物流関係ははもちろん、メーカー関係者も現場で活かせるノウハウが記されており、物流に関わるすべての人におすすめの本です。

物流業界を深く知って就活を有利に進めよう

物流業界は業界の中でもさまざまな分野があり、それぞれに特徴があります。同じ物流業界でも分野が違えば、仕事は大きく違ってきます。選考を受ける際には、業界研究、企業研究が欠かせません。

業界や企業についてきちんと研究できていることが選考で伝われば、面接官へ「就職したい」という熱意をアピールすることができます。それぞれの違いを正しく理解して、より専門的な知識を身に付けて物流業界の選考に臨みましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ