身だしなみ

【内定式の髪色マナー】就活生が心得ておきたいおすすめの色と避けるべき色を徹底的にご紹介

内定式の髪色はどうするのが正解なのか

長く苦労した就職活動の末、やっと手に入れた「内々定」を「内定」として正式に認めるのが内定式です。企業によってある程度異なりますが、この式典には取締役だけでなく、社長のスピーチがあり、先輩社員と交わることもあります。そのため、ビジネスシーンのひとつとして捉えるべきでしょう。

こうした内定式において、服装はリクルートスーツがベターです。周りはスーツなのにひとりだけビジネスカジュアルで参加していたら、ひどく浮いた存在になってしまいます。では、ほかの容姿に関することはどうでしょうか。「さすがにこの段階で内定取り消しはないだろう」、「まだ学生だから」という理由で、髪色や髪型は自分の好きなスタイルで構わないのでしょうか。

内定式におすすめの髪色

「黒髪「茶髪」「金髪」など、髪の毛の色によって人の印象はだいぶ変わります。そして正式に社員として認められる内定式では、どんな就活生だって失敗したくないものでしょう。

では、具体的にはどんな髪色が良いのでしょうか。「就活している時と同じで問題ないのか」、「イベントごとではあるので比較的派手でも良いのか」など、頭を悩ませてしまうこともあるでしょう。そこで、内定式にオススメの髪色をご紹介していきます。

不動の黒髪

就活を終え、最後の学生生活を満喫するために、髪の毛を染める人もいるかもしれません。とはいえ、内定式はビジネスシーンのひとつでもあるため、黒髪がベターだと言えるでしょう。

もちろん、各企業によって髪色の規定は異なるはずです。中には、髪色・髪型が自由なケースも考えられるでしょう。しかし、そのルールに則るのは、新社会人ではまだ早いかもしれません。特に男性の場合は、フレッシュな印象のある清潔な髪型で黒髪が、内定式におけるオーソドックスなスタイルでしょう。

少なくとも「染髪に賛同していない人もいる」ということは、頭に入れておくべきかもしれません。役員、先輩、同僚などに変な印象を与えないように、黒髪で出席することが無難でしょう。

ナチュラルな茶髪

女性の場合は、茶髪でも構わないケースが考えられます。男性と比較すると、全体的に規定が厳しくないかもしれません。とはいえ、「茶髪」と一口に言っても、色のレベルはさまざまあります。内定式のようなフォーマルな場所では、金髪に近いぐらいの明るい茶髪ではなく、ナチュラルなカラーにとどめておきましょう。

また、少し前に茶髪にして、根元の黒い状態が目立つこともNGです。色ムラがないように、美容室などできちんと染めておきましょう。明るめの茶髪もプリンの状態も、だらしのない印象を与えてしまう可能性があるため、気をつけるべきです。男性の場合も同様で、基本的には黒髪で出席すべきですが、企業の規則に合わせて対応するようにしましょう。

内定式で避けるべき髪色

では、内定式において絶対に避けるべき髪色はどういったものがあるのでしょうか。先ほど少し触れましたが、明るめの茶髪はあまり良くありません。端的に言えば、「オシャレを意識しすぎた髪色はNG」という認識を持ちましょう。

「学生時代でしか髪色で遊べない」という人もいるかもしれませんが、内定式に関しては、社会人としての自覚を持って対応すべきものです。髪色ひとつで、先輩社員や同僚からの評価に差が生じるかもしれません。

派手な髪色

例えば、先輩社員から見て、ものすごく明るい茶髪の新入社員をどう感じるでしょうか。「生意気だ」、「まだ学生気分なのか」と思う人の方が多いことが予想されます。明るすぎる茶髪は、目立ちます。もちろん、良い意味で「目立つ」のではなく、「悪目立ち」してしまうでしょう。

明るすぎる茶髪ならまだしも、まるでポップ歌手やパンクミュージシャンのように「金髪」、「赤髪」、「青髪」、「緑髪」、「紫髪」などでは、そもそも「非常識」とみなされ、内定式ですでに、さまざまな人から信用を失ってしまうかもしれません。注目を浴びたいのであれば、ビジネスパーソンとして、入社後に圧倒的な仕事のパフォーマンスを示すべきではないでしょうか。

グラデーションカラー

「暗めの色であれば、グラデーションカラーでも大丈夫なはず」、そんな考えを持っている人もいるかもしれません。グラデーションカラーは、あるひとつの色が別のカラーに変わっていくものです。オシャレを追求することは決して悪いことではありませんが、茶髪であってもカジュアルさが先行してしまうので、グラデーションカラーはNGでしょう。

他にビジネスシーンに向いていないオシャレなカラーリングは、メッシュが挙げられます。メッシュとは、部分的に髪を染めることです。暗めの色であれ茶髪であれ、メッシュもグラデーションカラー同様にカジュアルすぎてしまうので、避けてください。髪色について「派手・奇抜はNG」という認識を持ちましょう。

業界によっては多少明るい髪色でもOK

就業規則はあるものの、企業や業界によっては、多少明るい色でも問題ないケースがあります。例えば、ファッションのトレンドに敏感であるべき「アパレル業界」や、比較的自由なスタイルが許されている「IT系企業」などは、明るめの髪色でも構わない可能性が高いでしょう。内定式の服装に関しても、ビジネスカジュアルなどで問題ないことも考えられます。

一方、こうした比較的自由度の高い業界・企業ではなく、少し堅めの業種の場合は、黒髪の方が良さそうです。例えば、金融系などです。他業界に比べると規則が厳しく、年齢関係なくさまざまな人と接することが多いため、黒髪であるべきなのでしょう。業界によっても許容範囲が異なるので、ご注意ください。

どうしても染めたくない場合は髪色戻しを使う

「どうしても黒髪に染めたくない」「髪色にはこだわりがある」といった場合はどうすれば良いでしょうか。社会人になればイヤでも地毛の色に戻すので、学生の時だけは自由でいたいという人もいるかもしれません。こうしたケースでは、内定式の日だけ黒髪にすれば良いわけですから、1日だけの黒染めが可能な商品を使用することにしましょう。

もちろん、入社すれば黒髪や暗めの茶髪になるのですから、1日だけの毛染めに頼ることなく髪色を戻すことも、選択肢としてはありでしょう。髪の傷みや手間を考慮すると、必ずしも1日染めで対応すべきことではないかもしれません。とはいえ、「最後の学生生活」「こだわり」という思いが強い場合は、1日だけの黒染め商品を購入すべきでしょう。

髪色だけでなく髪型にも注意する

髪色だけでなく、髪型にも注意ポイントがいくつかあります。まず男性は、就活がひと段落して髪の毛を切っていない状態が続いていたとしても、襟足の長さを調整して、耳周りもスッキリさせておくべきです。少しワックスを使用したり、額を出しておくと清潔感がアップするでしょう。

女性の場合は、目にかからない程度の前髪の長さで、全体的に髪の毛が長い時は、ハーフアップ、もしくはポニーテールが良いでしょう。挨拶やお辞儀など頭を下げるシーンもあるので、髪の毛は束ねておくべきです。

端的に言うと、履歴書に貼り付ける証明写真や面接の時の髪型を意識すれば問題ないはずです。「清潔感がある」、「明るい」という印象を持たれるような髪型にしておきましょう。

内定式も印象のよい髪色で参加しよう!

髪色ひとつで役員や先輩方に悪い印象を与えてしまったり、最悪の場合は、内定を取り消しになるリスクも考えられます。もちろん、そうしたケースはほとんどありませんが、「万が一」ということを頭に入れて、内定式に臨んでください。

基本的には、面接した時の服装や髪色・髪型で出席することが良いのではないでしょうか。就活時の髪色は、ビジネスシーンに適用したスタイルになっているので、悪目立ちすることもないでしょう。

学生という身分ではあるものの、内定を言い渡されることは、社会人生活がスタートしたといっても過言ではありません。そして内定式は、社会人としての自覚を持つためにうってつけのシチュエーションと言えるでしょう。

 

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ