内定について

【無い内定になる原因】採用されない人の特徴5つと対策

就活が進むほど「無い内定」に焦りを感じやすくなる

内定をもらっていない状態のことを、俗に内々定と掛け合わせて「無い内定」と呼ぶことがあります。自虐的に「無い内定」という言葉を用いる就活生が多いといえるでしょう。

周りの人が内定を貰いだす時期にもかかわらず、内定が無い状態の人は心に焦りが生まれるものです。

しかし、焦りからひたすら選考を受け続けても、それまでおこなってきた就活を反省し改善していかなければ、内定をもらえる可能性は低いです

この記事では、就活を続けているのにもかかわらず、上手く内定までたどり着けない原因について解説していきます。

7月に無い内定でも挽回は十分に可能

一時は就活の時期が年々早まっていましたが、経団連が時期を一定にしたことにより、スタートの足並みが揃うようになりました。

2016年以降、経団連の定める就活スケジュールは3年生の3月から就活解禁、4年生の6月から選考解禁、4年生の10月以降に内定解禁でした。

2018年には、「採用選考に関する指針」を廃止し、政府主導で就活スケジュールを維持するとしています。

2019年には経団連と大学が、新卒学生の通年採用を拡大することで合意する動きもありました。そのため、以前は7月に内定がないと焦る就活生も多かったのですが、現在は7月の無い内定も十分にあり得ます

7月時点で無い内定の人も、これから挽回することは可能ですので、就活をあきらめずに続けていきましょう。

以下の記事では、内定を獲得する方法について解説しています。

就活のプロ「就職エージェント」を利用するのも有効

なかなか内定が出ず、行き詰まっている時に活用したいのが、就職エージェントサービスです。

就職エージェントとは、利用すると、あなた専属のエージェントがつき、企業の紹介や、面接・書類選考対策を個別でサポートしてくれるサービスです。

就職エージェント達は年間数百人単位の就活生を支援している就活のプロです。だから、プロの視点から、あなた一人では見つけられない、就活上の問題を見つけ、アドバイスしてくれます。

さらに、表向きは選考を締め切っている企業にも、就職エージェント経由なら選考を受けられることも多いです。「内定が全然でない…」と悩んでいる時には、就職エージェントを活用すると、自分では見つけられない優良企業を紹介してもらえます。

これだけメリットの大きい就職エージェントですが、実はこれらのサービスは基本的に無料で受けることが出来ます。どうしても一人での就活に行き詰まったら、ぜひこういったサービスを利用してみましょう。

おすすめ就職エージェント「キャリアパーク就職エージェント」

キャリアパーク就職エージェントでは,年間1万人以上の就活生をサポートする内定のプロ集団が、優良企業の紹介〜ES添削・模擬面接まで、あなたを内定まで徹底サポートしてくれます。

就活のプロであるエージェント達が、自己分析・書類・面接・企業別の対策まで、徹底的に指導してくれるので、一人で就活するよりもグッと内定が近づきます。

さらに、キャリアパーク就職エージェントでは、大手就活サイトならではの独自ルートで、この時期からでも、博報堂、ソニー、DeNa、リクルート、サイバーエージェント等の大手グループ/上場企業の求人をご紹介可能です。

「無い内定だ…どうしよう」と悩んでいる方は、一度、就活のプロからサポートを受けてみると、新しい活路が開くかもしれません。プロの支援を活用して、内定まで最短ルートを走りましょう。

詳しくはこちら

10月時点で無い内定になってしまう人の5つの特徴

    ①将来像がない
    ②大手企業の選考しか受けていない
    ③コミュニケーション能力が低い
    ④志望動機や自己PRが薄い
    ⑤マナーに対する意識が低い

    就活スケジュールが一定になったことにより、7月の無い内定はそこまで焦る必要はありませんが、10月時点で無い内定だと話が変わります。

    マイナビの調査によると、2021年卒業予定の大学生・大学院生の10月1日時点の内定率は80.6%です。内定を得ている人の数は80%を超えているため、焦る就活生も増えてくるでしょう

    ここでは、無い内定になりやすい人の特徴を紹介していきます。対策についても解説していますので、参考にしてください。

    無い内定の人の特徴①将来像がない

    就職活動では、志望する業界や企業、働き方を基準に就職先を選ぶ必要があります。したがって、自分が将来どのような仕事をしたいのか、ということを日ごろから考えておかなければなりません。

    就職に対する将来像がないと、自分がどの企業にエントリーするべきなのか、どの業界や企業にマッチしているのかがわからなくなってしまいます。その結果、内定を獲得できなくなってしまうでしょう。

    社会人になった自分の将来像をイメージしながら、就職活動を進めていくことが大切といえるでしょう。

    以下の記事では、就活の軸について解説しています。

    対策:企業選びの基準を考え直す

    無い内定になってしまう人は、企業を選ぶ基準があなたの適正とマッチしていない可能性があります

    福利厚生や給与面が素晴らしいというような動機で企業を選んでいた場合、面接官にそうした考えを見抜かれている可能性があります。

    社風や働き方よりも待遇で企業選びをしていた場合、より待遇が魅了的な企業へ乗り換えることもあるでしょう。

    そのような打算的な気持ちを相手が面接などで汲み取ってしまうと、内定獲得への道のりが遠のいてしまいます。

    また、あなたの適正に企業の経営スタンスが合っていない可能性もあります。あなたの人柄や能力が企業の求める人物像に合うのか、よく考えてみましょう。

    以下の記事では、企業の選び方について解説しています。

    無い内定の人の特徴②大手企業の選考しか受けていない

    就職活動では、給与や福利厚生に恵まれており知名度の高い大手企業に人気が集中します。

    一方で、そのような大手企業への入社枠は限られており、高学歴であったとしても内定を得られない学生の方が多いというのが現実です

    東洋経済によると、大手食品メーカーなどはとくに倍率が高く狭き門のようです。

    明治は事務系総合職の応募者が約1万1000人に対して内々定者数は4人となっており、倍率は2750倍です。

    その他にも、繊維商社の蝶理は552倍、化学メーカーの日本合成化学工業は298倍、鉄道業界の東武鉄道は237倍です。

    無い内定の学生のなかには、福利厚生のよい大手企業数社しかエントリーせず、早い段階で無い内定に陥ってしまう学生もいます。

    以下の記事では、内定がもらえない原因について解説しています。

    対策:中小企業やBtoB企業にも目を向ける

    理想が高いことが悪いとはいいきれませんが、例え学歴があっても大手企業の内定を得るのは難しいです。

    エントリー数を増やす、または大手企業より比較的内定を獲得できそうな中小企業やBtoB企業も合わせて受けることが、無い内定を避けるために必要であるといえます。

    大手企業が必ずしもあなたにとってよい企業とは限りません。 就活は企業と自分のマッチングですので、業界や企業の視野を広げることが大切です。

    自己分析をして、どんな企業に就職したいのか、就職後に何がしたいのかを考えながら企業を選びましょう。

    以下の記事では、内定がもらえる人の特徴について解説しています。

    対策:学歴に頼りすぎない

    学歴があることは一種のステータスであり、新卒が企業へ自分を売り込む際に利用することができます。

    高学歴である人材は限られているため、入社した後も今後に期待できると評価する企業も多いでしょう。

    高い学歴は誇れることではありますが、同時に頼りすぎてしまうと就活で苦戦してしまう場合があります

    学歴とは、社会人になった後には基本的に更新されない過去の実績です。高学歴かどうかよりも、大学で得た学びをこれからどう活かすのかを考えてアピールすることが大切です。

    以下の記事では、学歴フィルターについて解説しています。

    無い内定の人の特徴③コミュニケーション能力が低い

    就職活動において、面接は特に重視される選考のひとつです。ほとんどの企業では、面接を通して学生に質問をし、人となりや受け答えの様子を確認しています。

    ここでコミュニケーション能力が低いと思われてしまうと、仕事をする上でも他の社員とのやり取りに支障があると捉えられ、内定が遠のいてしまいます

    仕事をするにあたってコミュニケーション能力は必須です。そのため、挨拶や受け答え、声のトーン、表情などは、面接の場でもみられています。

    無い内定の学生には、残念ながら、コミュニケーション能力が未熟な学生が多いといえるでしょう。

    以下の記事では、コミュニケーション能力をアップさせる方法について解説しています。

    対策:模擬面接などで話すことに慣れる

    コミュニケーションは1人だと成立しないものですので、日頃から様々な人と交流しておくことが大切です。

    対策としては、模擬面接をおこなうことでコミュニケーション能力を向上させる必要があります。

    友人や家族にお願いして、入退室や受け答えなど本番を想定した練習をしてみましょう

    模擬面接で練習することで、自然な受け答えができるようになります。

    模擬面接をした相手に評価してもらったり、自分の姿を録画したりすれば、話し方や声の大きさなど客観的な視点で課題をみつけることができます。

    課題をみつけて改善することで、選考でもスムーズに受け答えできるようになりコミュニケーション能力に問題がないことをアピールできるでしょう。

    以下の記事では、模擬面接を受ける方法について解説しています。

    対策:面接の回答は事前に用意しておく

    面接でよくある質問に対してどう答えるか、事前に用意しておきましょう。どの面接でも、ある程度質問される内容は共通しています。

    ただし、回答を丸暗記して答えるのはNGです。面接ではコミュニケーション能力をみられるため、機械的な受け答えをすると相手にもそれが伝わってしまいます。

    回答する内容は大まかに覚えておいて、完璧に話すのではなく自分の魅力を伝えることを意識しましょう。その際には、結論から伝えることが大切です。

    以下の記事では、面接でよくある質問について解説しています。

    無い内定の人の特徴④志望動機や自己PRが薄い

    無い内定の人の場合、志望動機や自己PRが薄いことが要因として考えられます。書類選考の段階などでは採用担当者から高評価を受け、面接に進めることもあります。

    しかし、面接の場で学歴を重要視する採用担当者はほとんどいません。

    面接において重要なのは、その就活生がどんな価値観を持っているのか、どんな特徴があるのかです

    「御社の商品が好きでよく使っているから志望しました」といった志望動機や、「私の強みは○○です」という割に根拠となるエピソードがない自己PRは中身が薄いと思われてしまいます。

    志望動機や自己PRでは具体的なエピソードで根拠を述べ、企業にどう貢献していきたいのかを伝える必要があります。

    志望動機や自己PRが薄い学生を見ると、採用担当者は「本当に自社に来たいと思っているのかな」と感じてしまうでしょう。

    以下の記事では、志望動機の作り方について解説しています。

    対策:具体性と熱意を意識した内容にする

    「貴社で働きたい」という熱意を込めて志望動機や自己PRを作成するようにしましょう。企業は就活生とのミスマッチングを防ぐために、企業についてどれだけ理解を深めているかをチェックしてきます。

    企業研究を深掘りし、その情報を志望動機に盛り込むことで、入社に向けた熱意を伝えることが重要です。

    熱意を伝えるには、就職後のビジョンを具体的に伝えることも大切です。就職はゴールではないため、社員としてどう働いていきたいのかをアピールしましょう。

    以下の記事では、志望動機の書き出しを魅力的にする方法について解説しています。

    対策:面接でもしっかり熱意を伝える

    面接では、内容だけでなく態度や雰囲気も評価の対象となります。丁寧な口調でしっかりと熱意を伝えましょう。

    また、面接では「転勤は問題ないか」「希望とは違う部署に配属されても問題ないか」などと質問されることもあります。

    こうした質問は単なる事前確認のケースもありますが、あなたの就職に対する熱意を試しておこなわれることもあります

    どのような扱いでも志望する企業に入社したいという姿勢が重要です。

    面接で熱意を伝えるには、積極的に逆質問をすることも大切です。

    企業から「何か質問はありませんか」と聞かれた際に「特にないです」と答えてしまうと熱意がないと思われてしまいます。

    ただし、調べれば分かることを逆質問するのはNGです。業界研究や企業研究ができていない=熱意がないという印象を与えてしまいます。

    逆質問の内容は、事前に用意しておきましょう。

    「御社に入社して活躍するために、何か準備しておいたほうがいいことや勉強しておいたほうがいいことはありますか」などと質問することで熱意をアピールできます。

    以下の記事では、面接の志望動機の長さについて解説しています。

    無い内定の人の特徴⑤マナーに対する意識が低い

    マナーに対する意識が低いことも、無い内定の人の特徴です。社会人として働くことを単なる学生生活の延長と考えてはいけません。

    学生生活の中では許されたことも、社会では許されないことが多いです。

    社会人として働くには、守るべきマナーが存在します。そのようなマナーに対する意識が低い就活生を採用してしまうと、取引先や顧客に対して失礼なことをしてしまい、企業全体のマイナスイメージにも繋がりかねないのです。学生の立場とはいえ、マナーができていないと内定から遠ざかります。

    以下の記事では、就活マナーについて解説しています。

    対策:身だしなみや振る舞いを見直す

    就職活動に臨む際、身だしなみや振る舞いを見直しましょう。就職活動に臨むスーツにしわや汚れが付着していないか確認してください。

    また、爪が伸びていたり寝癖がついていたりすると、清潔感がない印象を与えます。清潔感のない身なりで面接に臨むと、それだけで採用担当者からの印象は悪くなります

    身だしなみで減点を受けてしまうのは非常にもったいないことです。不要な減点を受けないよう、清潔感のある身なりで臨みましょう。

    また、面接室への入り方や電話での話し方において不適切な部分があると、マイナス評価を受けてしまいます。

    入室時にはノックをする、面接官に「どうぞ」といわれてから着席するなど、入退室のマナーを確認しておきましょう。

    以下の記事では、就活における身だしなみについて解説しています。

    無い内定でも卒業後3年は新卒扱いになる

    在学中に志望する企業から内定をもらえなかった、または無い内定のまま卒業しそうだからといって、志望度の低い企業に就職しなければいけないわけではありません。

    大学卒業後3年は新卒扱いとして採用をしている企業は多くあります。しかし、1度就職してしまうと新卒扱いにはなりません。

    1度就職し転職する場合には、新卒ではなく既卒扱いになります。そのため無い内定だからといって焦って就職するよりも、志望度の高い企業に就職するためにあきらめずに頑張ることがひとつの方法です。

    以下の記事では、新卒と既卒の就職事情について解説しています。

    就活を少し休憩して反省してみることも大事

    就活は限られた時間でおこなうものですので、予定をしっかりと考えて活動していかなくてはいけません。

    しかし、卒業や新しい環境への事前準備、社会への不安、就活への焦りなどのストレスに対処していくことも大切です。

    過酷な環境のせいで、体調を崩したり精神が不安定になってしまう人もいます。このような状況になってしまっては、本来上手くいくはずだった就活も自分の望む結果を出せずに終了してしまいかねません

    もし頑張って結果が出ない場合は焦らずに、少し休憩して今まで続けてきた就活をみつめなおしてみましょう。

    以下の記事では、就活に疲れた時の対処法について解説しています。

    無い内定は原因を振り返り対策をおこなうことが大切

    無い内定の人の特徴としては、「自分の将来像が明確になっていない」「大手企業の選考しか受けていない」「コミュニケーション能力が低い」などが挙げられます。

    これらの原因を理解したうえで1つずつ対策し、改善していくことが大切です

    自分の現状を振り返ってみることで、無い内定を回避し希望する企業の内定を得ることができるでしょう。

    以下の記事では、無い内定の人の特徴と対策について解説しています。

    監修者プロフィール

    ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
    吉川 智也(よしかわ・ともや)
    1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
    現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

    記事についてのお問い合わせ