その他

【大学を卒業できない時の対処法】企業が取る対応から内定先に迷惑をかけないための心構えまで

本当に卒業できないのかもう一度確認する

内定をもらっても、大学を卒業できない場合は就職することができません。新卒は大学卒業を条件に内定契約を結んでいますし、大卒者を雇うことで採用も進められています。大学を卒業できなければ、大卒扱いにはなりませんし、卒業単位が揃うまで大学で勉強しなければなりません。

大学を卒業できないと分かればパニックにもなりますが、深呼吸して落ち着き、本当に卒業できないのかもう一度確認することが大切です。可能性としては低いですが、場合によっては見間違いをしており、本当は卒業できる場合もあります。

何度も確認し、本当に卒業できない場合でも諦めてはなりません。大学を卒業できない場合の対処法もありますし、最後の最後まで行動して、緊急事態にも対処していきましょう。

内定ありで大学が卒業できない時の対処方法

大学を卒業できないとなれば、大変なことではありますが、すでに内定をもらっている場合はさらに大変なことになります。内定をもらっていないのであれば、最悪の場合留年して単位を取得すればいいですが、内定がある場合は卒業できなければ働くことができません。

卒業できないことで、せっかく手にしたチャンスを無駄にしてしまいますし、諦めずに対処することが大切です。内定ありで大学が卒業できない時は、何をすればいいのかを知っておきましょう。

単位見直しができるか確認する

内定ありで大学が卒業できない時は、単位見直しができるか確認しましょう。これから単位が取れるものがあるか、課題があるかなど、学校に確認してみること必要があります。場合によっては課題を提出すれば単位を取得できる場合もありますし、最後まで諦めずに行動することが大切です。

課題、レポートの提出などで単位が取得できる場合もあれば、授業に参加したり、イベントの手伝いをするなどで単位が取得できる場合もあります。大学によって、取得できる単位によってやることはさまざまですが、どれも単位が取得できる点では同じです。

その単位を取って本当に卒業できるかを確認することも大切ですので、取得可能単位と卒業に必要な単位を照らし合わせて、間違いのないように確認しておきましょう。

内定先に事情を説明する

単位の見直しをしても、どうしても取得できる単位がなく卒業できない場合は、卒業できない事情を説明して、内定先の返答を待ちましょう。どれだけ単位の見直しをおこなっても取得できる単位がなかったり、取得できても卒業に必要な単位に届かないことはあります。

どれだけ手を尽くしても卒業できない場合は仕方ありませんので、内定先に正直に卒業できないことを伝えなければなりません。内定先に卒業できない旨を伝えるのは勇気がいりますが、卒業できないと分かった段階ですぐに連絡をしてくことが大切です。

内定先は新入社員の就職に向けて準備を進めていますし、連絡が遅くなれば遅くなるほど迷惑をかけてしまいますので、できるだけ早めに連絡しましょう。

卒業できない場合に考えられる企業の対応

どうしても卒業できない場合は、内定先に事情を説明して返答を待つ必要がありますが、企業によって対応はさまざまです。企業の対応に合わせて行動しなければなりませんので、返答を待つしかありませんが、企業がどんな対応をするのかを知っておくことが大切です。

卒業できない場合にどんな対応となるのかを知っておかなければ、出遅れてしまう可能性がありますし、さらに企業に迷惑をかけてしまう可能性もあります。企業からの対応を知って、素早く反応できるようにしておきましょう。

内定が取り消しになる可能性がある

卒業できない場合に考えられる企業の対応としては、内定が取り消されることが挙げられます。新卒は卒業を条件に内定契約を結んでいますし、卒業できなければ働くことはできません。

ほとんどの企業が内定を取り消しますので、覚悟はしておきましょう。内定が取り消される理由としては、単に内定契約に反するからではなく、卒業できないことでだらしない、約束を守れない人だと評価されるからでもあります。

契約上働くことができなくなるから内定取り消しになるのではなく、企業からの信用を失うために内定が取り消しになることも多いです。仮に来年もう一度企業の選考を受けたとしても、信用できないと不合格にされる可能性もありますので、注意しましょう。

場合により就職を待ってくれる

卒業できない場合は、ほとんどの企業が内定を取り消しますが、企業によっては、一年待ってくれるところもあります。面接での評価が良く、どうしても採用したい人材だと評価されれば待ってくれる可能性もありますし、そもそも企業の方針として採用時期については寛容な場合もあります。

就職を待ってくれる企業はかなり少ないですが、それでもゼロではありませんので、卒業できないと分かった場合でも正直に伝えることが大切です。また一年待ってくれる場合であっても、前期だけで単位が取得できるなら秋採用として扱ってくれる場合もあります。

企業によって対応はさまざまですが、待ってもらえる場合は、今度こそ確実に単位を取得して卒業を確実なものにしましょう。

大学や内定先に迷惑をかけないために

内定が決まったにも関わらず卒業できなければ企業はもちろん、大学にも迷惑をかけてしまいます。内定が取り消しとなることで、大学の評価も悪くなり、来年度の後輩の就活に影響してしまう可能性がありますので、注意が必要です。

内定先や大学に迷惑をかけないためには、しっかりと単位を取得し、確実に卒業する必要があります。卒業を確実なものとするためには、何をすればいいのか、どんなことを心がければいいのかを知っておきましょう。

日頃から真面目に取り組む

大学や内定先に迷惑をかけないためには、単位を落とさないように日頃から真面目に取り組むことが大切です。大学は4年間で必要な単位をすべて取得すれば卒業することができますが、順調に単位を取得していれば3年生の時点でほとんどの単位を取得することができます。

4年生になった時点で卒業が確定している人もいますし、真面目に取り組んでさえいれば、卒業することはそれほど難しくありません。就活は忙しいですし、大学の勉強と並行しながら進めるのは難しいですが、先に単位を取得していれば就活だけに集中することができます。

1年生の段階から授業は真面目に取り組んでおき、就活の時点では必要単位をすべて取得して、就活に専念できる環境を作っておきましょう。

単位取得の確認をこまめにする

確実に卒業するためには、単位取得の確認をこまめにすることも大切です。卒業単位が足りているか、履修の時点でしっかり確認しておきましょう。卒業のために必要な単位数は決まっていますが、ただ単位数だけを満たせば卒業できるわけではありません。

卒業に必要な単位は必修の科目を含めて内訳が決められていますし、それに合わせて必要な単位を取得する必要があります。単位数で卒業要件を満たしていても、内訳として必要なものが揃っていなければ卒業できませんので、注意が必要です。

卒業するためにはどの単位が必要なのか、履修する授業は卒業に必要なものかどうかを考えおきましょう。卒業単位ぴったりで履修するのではなく、保険のつもりで少し多めに単位を取得しておくことも大切です。

内定が決まったら卒業できるようにしよう

就職するためには、選考を勝ち抜き内定を獲得することが大切ですが、内定をもらっても大学を卒業しなければ就職することはできません。就職するには、内定の獲得+卒業が必要ですので、内定が決まれば卒業できるかどうかもしっかり確認しておきましょう。

順調に単位を取得していれば、4年生になった時点で卒業を決めることができますし、日頃からしっかりと勉強して、単位を落とさないようにすることが大切です。単位を順調に取得していれば確実に卒業できるだけではなく、就活にも専念することができます。

就活をスムーズに進めて、本当に自分に合った企業を見つけるためにも単位の取得は大切ですので、単位は確実に取り、内定が出れば就職できるようにしておきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ