就活その他

英語は就職に有利なのか|活かせる職業や就職試験で出題されるケース

英語を就職に活かそう

英語力は就活をする上で役に立つことが多く、高い能力が身に付いていれば選考も有利に進めやすくなります。事業をグローバルに展開している企業は増えていますし、仕事でも英語力が求められるものはたくさんあります。英語が求められる仕事では、当然英語力は必須と言えますし、身に付けておくことで選考でも評価されやすいです。

しかし、ただ英語力が身に付いているだけでは高評価を獲得することはできません。評価されるためには、上手なアピール方法を知っておく必要があります。英語力は就職する上では役立つものなので、上手なアピール方法を知っておきましょう。

語学力は就職に関係あるのか

語学力が直接的に就職に関係あるのでしょうか。これについては一概に語学力だけで就職が上手くいくとは言い切れません。もちろん、英語が話せることが必須の国際便客室乗務員や英会話講師などは別ですが、国内便客室乗務員であれば特に英語が話せなくても採用されることは十分あります。また、就職してから英語を勉強してステップアップしていくことも可能です。

今後英語を話せるようになって仕事に活かしていきたいと考えるのであれば、英語を使う部門のある会社への就職を目指して、入社後に語学力のスキルを磨いていくことも考えられます。もちろんその際は、意気込みや今後の自分自身の可能性についてアピールする必要はあるでしょう。つまり、就職には現在英語が話せることよりも、今後どのように努力をしていける人間であるのか、その人間性や伸びしろへの期待値の方が評価される場合も多いです。

語学力がない場合は必要としない企業に応募する

当然のことですが語学力を必要としない企業の場合は、どんなに語学力があってもそれが就職の際の評価の対象にはなりません。語学力以外の長所を持った人が多数応募してくることが予想されます。もし自分自身が語学力に自信がないので、あればそういった企業を選んで応募することをおすすめします。

一度時間を作って、自分自身のアピールポイントが何であるのか、得意なこと、やりたいことがなんなのかを紙に書き出してじっくり整理してみるといいでしょう。語学力を活かして就職活動を有利に進めていきたいと考えているのであれば、事前にしっかりと、企業がどのような人材を求めているのかリサーチしておくことは、非常に重要です。

語学力が身に付いている=長期間努力できると評価される

語学力は仕事で英語などが必要な場合には評価されますが、英語が必要ない仕事でもアピールすることは可能です。基本的には仕事に関係のない能力をアピールしても評価の対象にはなりませんが、語学力の場合は身に付けた過程をアピールし、評価してもらうことができます。言語を習得するのは非常に難しいことですし、長期間にわたっての勉強などかなりの努力が必要です。

語学力が身に付いている=長期間努力できると評価されるため、勉強の過程をアピールすることで、好印象を得られる可能性はあります。アピールする際に注意が必要なのが、評価されるのは能力ではなく身に付けた過程だということです。身に付けた過程を重視してアピールしていきましょう。

あなたの就活力は何点?

就職に成功するためには、語学力以外にもまず自分の就活力を知っておく必要があります。就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。ぜひ、「就活力診断」で今の自分の就活力を診断してみましょう。無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてみてはいかがでしょうか。

語学力が活かせる職業

では、実際に語学力が活かせる職業にはどのようなものがあるのでしょうか。すぐに思いつく職業としては、通訳、通関士、ホテルスタッフ、客室乗務員、ツアーコンダクターなどが浮かぶのではないでしょうか。他には英会話の講師、日本語学校の講師、塾で英語を教えることのできる講師に、留学生への対応ができる大学職員や留学コーディネーター、翻訳や英文記者なども語学力が必要です。

さらに、外国人観光客の増加により、電気店員やコンビニ店員、ドラッグストアの店員なども地域によっては語学力が求められるようになりました。様々な職業で語学力を活かすことができます。

システムエンジニア

システムエンジニアには英語は必要ないという人と、必要だという人にわかれますが、本当のところはどうなのでしょう。結論からいうと英語力は必要と考えた方がいいです。システムエンジニアには、多くの技術情報を読む事ができるスキルが求められます。海外の専門性の高い文章を読み解く力も、システムエンジニアとして活躍するためには必要でしょう。

昨今ではシステムエンジニアが不足しており、海外からの労働者を積極的に採用する企業が増えています。海外からの優秀な人材と円滑なコミュニケーションで、より質の高いパフォーマンスを発揮するために、高い英語力が求められるようになってきました。日本国内の受注にとどまらず、今後は海外のクライアント獲得を視野に入れたグローバルな視点がより一層必要になってくるでしょう。

外資系金融

外資系金融の現場で働く場合は、高い英語力が求められることが多いです。金融業界では、未熟な理解が会社の存続をも脅かす重大なミスにつながる恐れを常に抱えています。そのため正確で的確な英語力が求められます。

部門にもよりますがネイティブレベルの英語力が必要です。コミュニケーションや、ディスカッション、本支店間のやり取りも当然英語です。外国人の上司の下で働くことも想定されますので、英語の勉強は就職してからも欠かせません。多くの社員が帰国子女と言われる現場も多いため、英語に抵抗がある場合には就職できたとしても、大変になってしまうでしょう。また、英文でのメールのやり取りも多くあり、読み解く能力も求められます。

商社

商社への就職を目指すのであれば、海外勤務や世界中との取引や商談を行うことが想定されるので、高い語学力が必要でしょう。商談の場では、英語でのプレゼンや契約内容の説明を相手が理解できるようにきちんと話せる語学力、契約書を正しく読むことができる能力、英語でのメールのやり取りがスムーズにできるなどのスキルは必須となります。

企業によってはあまり英語を必要としない部署もありますが、せっかく商社に就職するのであれば英語はしっかり学んでおきたいものです。商社勤務で英語力に自信がないとかなりきつい状況なってしまうことが予想されます。日ごろから語学力を高める努力を積んでおきましょう。

ホテルスタッフ

ホテルでは、外国人のお客様への対応を円滑にすることが求められます。世界共通語である英語は、お客様とのコミュニケーションに必要なスキルです。そのため、ホテルスタッフとして働く際は、英語が話せると非常に有利です。また、ホテルの格式やグレードが上がれば上がるほど、英語力はホテルスタッフの必要最低限のスキルとして捉えられることが多いです。

英語スキルは、ビジネスでも通用するレベルまで鍛えておく必要があります。他にも、外資系ホテルでは、出資元の国の言語を習得していなければならないといった条件が設けられている場合があります。ホテルスタッフの求人に応募する際は、語学の条件項目を確認するようにしてください。

ツアーコンダクター

ツアーコンダクターとは、旅行会社が企画したツアーや団体旅行に同行し、現地の案内役をする仕事です。案内役の他にも、レストランを予約や移動手段の手配をすることもあります。旅行者にとっては、現地の観光スポットの説明を受けたり、旅先で困ったことを相談できるアドバイザーのような頼れる存在ともなります。

ホスピタリティにかかわる業務に携わりたい人におすすめの職種です。ツアーコンダクターは、観光施設のスタッフや旅行会社の現地スタッフと英語でやり取りをすることが多く、英語スキルが求められる職務です。日常生活レベルの英語だけではなく、ビジネス英語や、英語の地域名や観光施設も覚えなければなりません。

資格がある場合は履歴書に記入する

履歴書に資格を記入するかしないか迷うことがありますと思います。資格の記入によってスキルのアピールのほかにも、向上心や意欲のアピールができますので基本的には記入するとよいでしょう。ただし注意しておきたいポイントもあります。

採用担当者がどのような視点で資格の欄を見ているかを考えることは重要です。応募する企業の募集要項等をチェックして、その企業がどのような人材を欲しているのかを確認しましょう。関連のある資格は、レベルにもよりますが記入した方がいいでしょう。

国家資格のような難易度の高いものもアピールになります。企業に関連性のない資格は特に書く必要はないかもせれませんが、面接の際の話題づくりになる場合もありますので、意図的に書くのも一案です。その場は「趣味・特技」欄も活用するといいでしょう。

TOEIC

就職活動において、TOEICスコアが何点だったら履歴書に記載すべきか、何点以下だったら記載しない方がいいのか、と迷う方が多いようです。そもそもTOEICとはどんなものでしょうか。TOEICはビジネス英語の能力を測る基準として国内の多くの企業が重視しています。試験は年10回行われており、全国の約80都市で受験することがで日本ではもっともメジャーとなっています。

TOEIC公開テストはスコアで採点され、気になるTOEICスコアが何点以上なら履歴書に書いた方が有利になるのかといった明確な基準は残念ながらありません。企業がどの程度のスコアを重要視しているのか、またはどのレベルの人材を求めているのかによっても異なってきます。あまり英語力を重視しない会社であれば資格欄を埋める意味で書くことも考えられます。

しかし、TOEICスコアを履歴書に書くということは、自身の英語力をアピールしていることになり、企業も判断材料として点数を見ます。企業によって判断基準が異なるため一概にはいえませんが、600点以下だと記載しない方がいいでしょう。

英検

英検は正式名称を「実用英語技能検定」といい、年3回実施されます。5級(初級)、4級、3級、準2級、2級、準1級、1級(上級)があります。日本では馴染み深い資格なので、英検の資格を取得するために努力をした経験をもつ人も多いのではないでしょうか。ただし、TOEIC同様履歴書への記載には注意が必要です。

級によっては記載することによって逆にマイナス評価になってしまう恐れもあります。英検の目安としては、3級が中学卒業程度、2級が高校卒業程度となります。したがって、3級を履歴書に書いてしまうと逆に「この人は大丈夫だろうか?」と面接官が不安に感じてしまうこともあるので書かない方が無難でしょう。

英検を書くなら2級から、というのは割と一般的に耳にすることです。企業の求める英語力や業種によっても異なりますので一概にはいえませんが、もし高い語学力が求められる場合には1級からの記載にした方がいいでしょう。ただ一般的には2級以上からの記載が目安となりますので希望する企業によって判断しましょう。

就職試験では有利になる

就職の試験問題には、英語もあるので日ごろから英語の勉強を積んでいる人は、就職試験のときにとても有利です。企業によって難易度には大きく差がありますが、あまり英語力を必要としない企業の場合は難易度もそれほど高くはないでしょう。

受験勉強などでしっかり勉強をしてきた人であれば対策に苦労することもないでしょう。ただし、英語力を重要視する人気企業の場合は難易度が非常に高いので、入念な対策が必要です。筆記試験で足切りにあい、面接までいけるのはわずかの人のみということもよくあります。また英語面接をおこなう企業も多くありますので、「読む」「書く」「聴く」という総合的な、英語力を身につけておく必要があります。

SPI

SPIでは英語問題が出題されることがあります。英語問題が出題されるかどうかは企業によって異なりますが、英語を使用する職種を募集している企業では、ほぼ出題されると踏まえておきましょう。SPIの英語問題では、単語問題、並び替え問題、長文問題などが出題されます。

傾向としては簡単な問題から出題され、徐々に難易度が上がっていきます。SPIの英語問題は、高校卒業程度の英語を対策しておくべきだと書籍などで紹介されることが多いです。しかし、英語を使う職種を志望している方は、就職試験の英語分野で高得点を得ることが大前提といえます。高得点を目指すためにも、SPIの対策本を購入して英語の基礎力と応用力をしっかり身につけてから受験しましょう。

玉手箱

玉手箱は、SPIよりも難易度が高く設定されています。その上、制限時間が足りないと感じるような問題も出題されることがあり、満足のいく結果を残すことが難しい試験ともいえます。商社や大手企業などが玉手箱を就職試験に導入しているケースが多く、特に就活生からの人気が高い企業は優秀な学生からの応募が集中するので、よりよい成績を残した方が選考において有利になります。

玉手箱は、次の問題にスムーズに進めないでいると、あっという間に制限時間になってしまいます。スピード感を持って問題を解くためにも、事前対策をしっかりこなすことが大切です。問題の出題傾向を把握した上で、時間配分を意識しながら落ち着いて受験するようにしましょう。

英語力を身に付ける方法

英語力を身に付ける方法

英語力を身に付けるためにはどうしたらいいのでしょう。いきなり英語の勉強をしようと思ってもなかなか習慣化することは難しいものです。まずは目標を立てましょう。「英語力をあげて、職場や海外でスラスラ英語を話す」自己をイメージしてそんな自分になりたいと思うことはわかりやすくていい目標です。

「TOEICで900点以上を取る」なども具体的でいいでしょう。生きた英語を身に付けるためには、英会話力を身に付けることがとても重要です。外国人とビジネスレベルの英会話ができる自分をイメージして英語力を身に付けるべく努力を積んでいきましょう。

英語に触れる機会を作る

毎日少しの時間でもいいので英語に触れる機会を作りましょう。例えばスポーツ選手や将棋の達人が毎日の積み重ねが大切なのと同じように、英語学習においてもたとえ短時間であっても毎日英語に触れることが重要です。

参考書にじっくり向き合うのもいいですが、すき間時間を利用した次のような学習方法もおすすめです。一例ですが、電車の移動時間を利用して英語のYou Tube動画を見るという方法があります。You Tubeは字幕のON・OFFが選択できるので便利です。

短い移動時間など、すき間時間を利用した学習はとても効率的に学べます。英語のスピーチを録音して移動時間などに聴くのも手軽にできてお勧めです。これらを何度も繰り返し聴きましょう。海外ドラマを字幕なしで観るなど、自分に合った方法で毎日の生活の中に英語に触れる時間を工夫をしていきましょう。

基礎を徹底的に身に付ける

まずは文法などの基礎を徹底的に身に付けましょう。それと並行して英単語の学習をすることも大切です。リスニング強化のためにCDや映画を観たりしても、単語がわからないとなかなか先に進むことができないからです。受験勉強などで使っていた単語帳があればそれも、復習を兼ねて徹底的に頭に入れるようにしてください。

英単語は話すことを意識して、ただ書いて覚えるのではなく、必ず発音記号を意識して声に出して覚えましょう。文法についても、身に付けておいた方が話すときにとても役立ちます。文法などを徹底的に身に付けた後に応用するようにしてください。TOEICのWebテストなどを利用するのもお勧めです。Webテストを繰り返し行うことはとても効果的な勉強方法になります。

英語の本や新聞を読む

完全に読むことができなくても、英語の本や英字新聞を読む習慣をつけましょう。英語に触れることが大切です。スラスラ読めないうちは、英字新聞を購入しても一回で挫折してしまう人も多いいかもしれません。何事にも言えることですが「継続は力なり」です。もしあまり読むことに慣れていないのであれば、キッズ版がお勧めです。ワシントンポスト・キッズ版などもよいでしょう。紙の新聞や本だけでなく電子版も移動時には大変便利なので自分に合ったものを見つけ、習慣化してください。

大切なことは習慣化することなので、通勤通学時に読む、お昼休みに読むなど時間帯を決めたほうがいいです。わからない単語をすぐに調べられるように辞書アプリを利用したり、電子辞書を用意して、わからない単語をそのまま放置しないようにしましょう。

語学力で就職が有利になる職業はある

「語学力が活かせる職業」のところでも触れましたが、語学力で就職が有利になる職業は数多くあります。即戦力として英語が必要な仕事では、特にその傾向は強いでしょう。また、求められるレベルにも大きな差があります。

一例を挙げると、初心者レベル以上ビジネスレベル未満であれば、通関士や入国審査官、ホテルマン、システムエンジニア、海外の人と関わる旅行関係などへの就職が有利でしょう。ビジネスレベルであれば求める企業側にもよりますが、商社や外資系金融などが考えられます。それ以上の専門・ネイティブレベルであれば、もっと専門性の高い職業へのチャレンジが可能となり就職にも有利でしょう。

自分の得意とすることを売りにして就職を勝ち取ることは、就職後のことを考えた場合にもとても重要です。語学力のみで希望の企業に就職できるほど甘くはないかもしれませんが、社会人として欠かせないコミュニケーション能力やリーダーシップ、判断力や決断力などを磨きながら、語学力を存分にアピールしていくことがいいでしょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ