履歴書

【新卒必見】履歴書の自己PR完全ガイド!作成のポイントから書き方まで

履歴書は面接官が最初に見るもの

就職活動を進めていくにあたって、全ての就活生に立ちはだかる壁「履歴書」。就活において履歴書の作成は避けては通れないものであり、企業とファーストコンタクトを取るための重要な材料だと言えます。さらに面接官は、まだ会ったこともない就活生がどのような人材なのか、たった1枚の履歴書だけで判断するのです。

つまり履歴書の完成度によって悪い印象を持たれてしまうと、その後の選考には進むことができません。よって、履歴書はあなたの第一印象を左右する重要な役割を果たしていることを念頭に置いておき、魅力的な履歴書を作成していきます。ここでは、履歴書で注目される項目から自己PRの重要性、書き方まで一挙ご紹介いたします。

就活での自己PRの重要性

自己PRは面接官からも注意深くチェックされている項目になります。会ったこともないあなたの良さを面接官に売り込むために、必要不可欠です。よってあなたがどのような人材なのか、さらには企業にふさわしいスキルを持っているのか、分かりやすく伝える必要があります。そこで次に、自己PRの重要性についてより詳しくご紹介します。参考にされて、ぜひ魅力的な文章を作成できるようにしましょう。

自己PRで他の新卒応募者と差別化できる

自己PRは、何といっても「他の応募者との差別化を図ることができる」という点で重要だと言えます。例えば就活生の学歴やスキルに大差がなかった時、自己PRで差別化することができます。志望動機だと就活生の間でも内容が被ることが多く、差別化するにはそれほど向きません。

その点自己PRは自身のエピソードなどを交えて記載するので、オリジナル性に溢れています。つまり周りの就活生と内容が被ることが少なく、圧倒的に差別化しやすいのです。よって、自己PRはありふれたものではなく、面接官の興味を引くような内容に仕上げることで、魅力的なものになります。ぜひ就活生の皆さんは、オリジナルな内容を記載することを心がけましょう。

強みをそのまま伝えられる

さらに、自己PRによって「強みをそのまま伝えることができる」という点も重要なポイントです。自己PRは、履歴書の項目の中でも唯一、自分の持っている強みを自由に伝えられる機会です。そのような自分を売り込む最大のチャンスを、逃すわけにはいけません。

自分が伝えたい強みをしっかりと伝えられるような、文章に仕上げるように心がけましょう。たとえどれだけ優秀な強みを持っていても、伝え方に問題があれば魅力は激減してしまいます。面接官が関心を持つような文章で、もっと話を聞いてみたいと思わせるような自己PRに仕上げてください。そうすることで、書類審査の通過率はぐんと高まります。

質問に答えるだけで自己PRを完成させよう

自己PRには盛り込むべき要素がたくさんありますが、文章を考えるのが苦手という就活生は多いのではないでしょうか。的確にポイントを押さえることも大切ですが、面接官に伝わる文章力が試されるのも自己PRの特徴です。言いたいことはまとまったけれど、実際に文章にするのが苦手という就活生は、ぜひ自己PRジェネレーターを活用しましょう。

自己PRジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで自然な流れの自己PRが完成します。無料でダウンロードできるので、文章の繋ぎ方や言葉遣いに自信がないという就活生にもおすすめです。

自己PR作成のポイント

就職活動でなぜ自己PRが重要なのかというと、就職希望の相手先企業や採用担当者は、みなさんのことはまったく知らない人たちばかりだからです。

就職活動では、履歴書が相手企業に初めて自分のことを伝える手段になります。学歴や資格など最低限相手先が求めるスキルなどは、履歴書1枚で十分わかるのです。

ですが、本当に知りたいのはあなた自身の人間性や仕事に対する意欲です。ここでは、そんな求人企業に自分のことをきちんと伝える自己PRの作成ポイントをいくつか取り上げてご紹介します。

①自己分析

自己PRを作成するにあたっては自己分析を怠らないことが大切です。自己PRとは自分を企業に売り込むために行うことであり、それは当然企業という売り込む相手があって成り立つものです。

企業に売り込みを行う以上、企業が求めている点に沿って自己PRを行うことが必要であり、そのためには面接に臨む企業で活かすことの出来る自分の強みを把握しておかなければならないのです。企業にあわせて、その企業で活かすことのできる強みをアピールするためにも、自己分析をしっかりと行っておく必要があるのです。

自己分析ツールを活用しよう

ただ、自己分析をじっくりやる時間がない方も多いはず。
そんな時に便利なのが、無料の自己分析ツール「My analytics」です。36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職をサクッと診断できます。

My analyticsを活用して、サクッと自己分析を終わらせ、あなたの強みを発見しましょう。

他己分析もおすすめ

自分の魅力について知るためには、他己分析をしてみるのもおすすめです。他己分析とは自己分析を他の人にしてもらうというものであり、他の人からの意見やアドバイスによって自分自身を知っていきます。自分のことは自分が一番知っていると考える人も多いですが、自分だからこそ気付かない点がたくさんあるのも事実です。

自分では当たり前と思っていることも、周囲の人から見れば特別なこと、誇るべきことである場合もありますし、第三者的な視点を交えて自己分析をすることも大切です。客観的に見た魅力であれば、自己PRとしてアピールしても信憑性があり、説得力もあります。自己分析に悩んだ場合は、視野を広げるためにも周囲の人を頼ってみるようにしましょう。

②企業の求める人材を分析

大事なポイントの一つに相手先企業の求める人材にふさわしいかどうかのアピールが必要です。そこで、相手企業の求める人材はどのような人物なのかをきちんと分析する必要があります。

ひとつの方法として、ペルソナを設定して分析を行うことをおすすめします。ペルソナとは簡単に言えば架空の人物像を作り上げるのです。例えば、今回応募する企業の求める人材がアパレル関係の営業マンだったとしましょう。この営業マンが会社の中でどのような活躍をすべきなのかを、その企業の経営実態等を分析するのです。分析して人物像が見えれば、自分がそこに当てはまる人材かどうかがわかりやすく見えてきます。

③アピール項目の選定

では、具体的にアピールすべき項目はどう選定すればよいのでしょうか。次のような項目を意識して選定してみるのはいかがでしょう。

・他者から見た自分
自分が思う自分のことではなく、人から見て自分はこう言われる部分を伝えることで、自分のことを客観的にアピールできます。

・成果や結果
何をしてどのような成果や結果を出したかを述べることは、あなたの努力や物事に対する取り組み姿勢を大いにアピールできます。ただし、決して自己満足の自慢話にだけはならないよう注意してください。

特別な資格や役職・部活でなくてもいい

専門職として求人に応募する際は、具体的に必要な資格をきちんと持っていないといけません。また、スポーツ特待のような形で企業に採用される場合もそのスキルが必要です。しかし一般的な求人に対しては、特別な資格や役職・部活等でアピールする必要はありません。

大切なのは、その資格や役職・部活などを通じて人間として成長できた内容をきちんと自分の意見として持っているかどうかです。堅い言い方をすれば自分という一人の人間の個性をきちんと持っていることを伝えられるかどうかです。

履歴書での自己PRの書き方

履歴書における自己PRは、自分の強みをストレートに売り込むための最大のチャンスになります。そこで次にご紹介するのは、履歴書で実際に自己PRを書く方法です。どのようなことを記載すべきなのかは見ていきましたが、それだけでは作成しづらいという人もいるかもしれません。そこで、自己PRにふさわしい強みの選び方から文章の考え方、例文までをチェックしましょう。

結論から述べることが大切

履歴書の自己PRで好印象を残すためには、一文目を結論から書き出すことが大切です。最初に結論を記しておくことで、何をアピールしたいのかを明確にして自己PRを進めることできます。アピール内容が明確になることで、採用担当者に伝わりやすく、インパクトのある自己PRになります。また最初に結論を書いておけば、内容がブレにくくなり、書きやすくなることもメリットのひとつです。

結論を後回しにしてしまうと、書いている途中で目指すべきゴールを見失ってしまい、最終的に何を伝えたいのかが分からなくなってしまうこともあります。最初に結論を示しておけばアピール内容を見失うことはありませんし、自身の魅力を簡潔に伝えていくことができます。

エピソードを交える

また、自己PRで自身の強みをアピールする際には、必ずそれを裏付けることができるエピソードを交えてください。そうすることによって信憑性のある文章に仕上げることができ、説得力が増します。とは言っても、「そんなに大したエピソードなんて持っていない」と不安に思う方も多いのではないでしょうか。

しかし実際のところ、活動の内容や実績はそれほど重視されません。あなた自身の人柄がよく現れているエピソードや、真剣に取り組んだ活動をありのままに伝えたら良いのです。エピソードが思いつかず悩んでいる方は、過去に行った活動を箇条書きにし、そこから努力したことや得られた成果などを分析することで、魅力的な自己PRに仕上げることができます。

具体的な話しがないとイメージがしにくい

このエピソードが抽象的であった場合、せっかくの話しもふわふわしたものになってしまいます。説得力のある内容にするには、具体性がなければいけません。

どのように出来事に対して真剣さを持って取り組んだのか。また、そのことによって自分の得られたものはなんだったのか。人にイメージをさせるにはこの具体性が必要不可欠です。企業サイドに自分の本質に触れてもらえるようなエピソードを書いてみてください。

仕事で活躍できる能力をアピールする

自己PRでは仕事で活躍できる能力をアピールすることも大切であり、企業に関係ない能力をアピールしても評価の対象にはなりません。どれだけ素晴らしい能力を持っていても、それが仕事で活かせなければ意味はありませんし、能力はきちんと活かせることが大切です。企業に関係のない優れた能力よりも、地味でも仕事で確実に役立てられる能力を持っている方が高く評価されます。

企業は採用活動として企業で一緒に働ける人材、企業で活躍できる人材を求めています。仕事で活躍できること、企業に貢献できることのアピールは大切です。能力があり、即戦力として働けることがわかれば高評価になりますので、志望する企業で活かせる能力をアピールし、仕事で活躍している姿をイメージさせましょう。

企業の求める人材と絡めるのもあり

仕事でどう活躍できるかをわかりやすく相手先に伝えるには、その企業が求める人材のイメージと絡めてアピールすることも非常に効果的です。

例えば、総務関係で事務員を求人していた企業だったとしましょう。その企業は中小企業であり、大手企業のように細かく役割分担された職種の一つで事務仕事だけしていればいいというわけにはいかないとします。

そうなると、事務仕事もするが営業事務や人事担当などマルチに仕事をこなさなくてはならないはずです。そこで、あなたは事務はもちろんできるが人との折衝もできるしコミュニケーション能力も十分あると言えればいかがですか?わかりやすく、なおかつ必要とされる人材だと思ってもらえるのではないでしょうか。

入社後の抱負を伝える

自己PRでは企業の仕事に対しての熱意や、やる気の高さをアピールすることも大切ですので、入社後の抱負を伝えることも効果的です。新卒では能力の高さも評価されますが、それ以上に企業に就職してからの成長力の高さが評価されています。入社時には能力が備わっていないとしても、入社後に成長して活躍できる人材であれば、企業は採用したいと考えるはずですし、長い目で見て採用が決定することも多いです。

成長力の高さをアピールするためには、仕事への熱意を見せることが大切であり、現状に満足しない姿勢を示すことが重要になります。企業で活かせる能力を提示し、それを使って企業でどのように活躍し、成長したいのかなど抱負を伝えることで、好印象を与えることができます。

自己PRがアピールばかりになってはいけない

アピールなので当然ながら前向きに自分のことを前面に押し出して伝えなくてはいけません。しかし、企業としては入社後のあなたの姿を知りたいはずです。その企業でどう成長したいのかをきちんと伝えられなければ、企業も人材育成をおこなううえで困ってしまいます。人を採用するということは、大きなリスクを企業も背負うからです。

人件費や福利厚生等みなさんが思った以上に経費というものはかかります。ですが、それでもこの企業の将来を担うであろう人材を採用しなくてはいけません。みなさんの企業に入社後のビジョンは、きちんと説明できるよう常日頃から意識しておいてください。

文字数から配分を考える

自己PRを履歴書に書く際に、文字数はどれくらいと考えればいいのでしょう。諸説ありますが、履歴書にある枠の大きさ等を考えると、大体300文字程度でしょう。それ以上になると、書く文字が小さくなってしまったり、長すぎて読みづらいなどの弊害も出てくる可能性があります。ネットなどのエントリーシートでも同様のことが言えます。自分の熱い思いを文章にするのは素晴らしいことですが、読み手にその思いがきちんと伝わらないとなんの意味もありません。

履歴書などの文書には、わかりやすく簡潔に文書を作成する能力があるかどうかを見極める役割も持っているのです。必要な情報を最大限簡略化して文章にしながら、なおかつ伝えたい本質をきちんと踏まえた内容を書いていくようにしてください。

客観的に作成文を読むことが大切

自己PRは自分のことを書いているので、自ら読む分にはまったく問題なく文章を理解して読めるでしょう。しかしながら、実際は履歴書等に書いて採用担当者、つまり他人に読んでもらいます。

そのため、客観的な視線で読まれた時にきちんと自分が意図することが理解してもらえるかどうかは非常に重要です。自己PRはブログではありません。自分のことを徒然に書いているだけではいけないのです。

自己PRの例文4選

自己PRの重要性に関してこれまで述べてきましたが、実際に自己PRを作るとなると最初のうちはなかなか勝手がわからず、苦戦するものです。自己PRを作成する際に最も重要なことは具体的なエピソードに沿って強みを伝えることです。

ただ単に、「私の強みは〇〇です」と伝えるだけでは、面接官に強みはうまく伝わりません。具体的なエピソードに沿って強みを伝えることでより相手に伝わりやすい自己PRとなるのです。以下、この点を意識した自己PRを4つ例として挙げています。それぞれ参考にして、自己PRの作成を進めてください。

例文①

私の長所は論理的な思考能力です。私は大学のゼミ活動の一環で学外の団体と共同で活動し、その団体が抱える問題の解決策を提案するという活動を行っていました。私の場合は、農業に関するイベントを企画し、それを通じて農業の楽しさを広める活動を行っている団体とともに行動をしました。
その団体はイベントの参加者に関して、若年層の参加者が増えないという問題を抱えていました。私は若年層は農業に関心があるのか関心がある若年層が一定数いるならば何故この団体のイベントには参加しないのかを調査するところから始め、その上で、学生が参加するイベントを選ぶ基準はどこにあるのかを調査し、現状の改善策を提示しました。団体の中でも協議が行われ、結果として提示した改善策を取り入れて頂けることになりました。

この例文のポイントは論理的な思考能力という長所を、具体的な活動の進め方を書くことでわかりやすく伝えている点です。『若年層の参加者が増えない』から『若年層の呼び込みを行う』といった目先の改善案ではなく、「若年層の参加者が増えない理由はどこにあるのか」を論理的に深掘りして考え、そこから解決策を導いたことが伝わり、好感の持てる自己PRとなっています。

例文②

私の強みは周囲の状況を見て、自分がやるべきことを考え、行動できることです。私はサッカー部に所属し、マネージャーとして日々、活動しているのですが、その中で怪我をする選手が続出する時期がありました。私はマネージャーとしてそのような時期にやるべきことは何なのかを考え、怪我の原因を明らかにし、怪我予防の勉強会を選手向けに行うことにしました。
他のマネージャーと協力し怪我した選手へのヒアリングを行いながら、スポーツによる怪我、障害に関する書籍を10冊以上読み込みました。そして怪我が起こる原因としては「疲労」と「姿勢の乱れ」が原因であるケースが多いこと、そしてその対策として「食生活の改善」、「姿勢の矯正」が効果的であることを明らかにしました。
これらを防ぐための勉強会を週に一度、現在に至るまで2年間継続して行いました。この結果、現在では怪我する選手は減少し、チームとして関東大会決勝進出という創部以来の快挙を達成することが出来ました。

この例文のポイントは具体的な数字を用いることで自己PRの説得力を上げていることです。「怪我、障害に関する書籍を10冊以上読み込んだ」「週に一度の勉強会を2年間継続して行った」のように、具体的な数字で伝えることで、自分のやるべきことを考え、それに向けて邁進できることがより面接官に伝わりやすくなっているのです。

例文③

私の強みは課題を把握し、それを解決へと導く力です。私は学生時代のインターンシップで、学生の就職支援に携わりました。それまで就職に関して考えてこなかった学生にとって、就職活動期間に自分のやりたいことを発見することは難しく、志望業界や企業がなかなかの定まらない学生が多くいました。
そのような学生に対して、まずは自分のやりたいこやできることの把握から始めることを提案しました。相談に来る学生と幼稚園から大学時代までを一緒に振り返り、場合によっては計30時間以上の面談をおこないました。その結果、学生にとって納得できる進路を見つけ、新しいキャリアのスタートを後押しすることが出来ました。

この例文では、学生時代のインターンシップの経験に沿って自身の強みをアピールしています。この例文のポイントは、具体的な数値や言葉でエピソードの内容にアクセントをつけている点です。

「相談に来る方の、幼稚園時代から大学時代までをひとつひとつ一緒に振り返る」「場合によっては計30時間以上の面談をおこない、納得できる進路探しをした」など、自主的かつ意欲的な活動が伝わり関心を持ってもらいやすい自己PRとなっています。

例文④

私の強みは、何事も最後までやり遂げることです。どんなに厳しいことも途中で諦めたり投げ出したりせず、最後までやり通すことが出来ます。私は大学入学時から、学業と両立しながら居酒屋のアルバイトを勤めてきました。学校も忙しくアルバイトとの両立は非常に大変でしたが、社交性や社会人としてのマナーを身につけるためにアルバイトを続けました。
そこでアルバイトから帰宅後に1時間程度学習時間を設けることにより、学業をおろそかにすることもなく3年間やり遂げました。以上より、私は貴社でもいかなる業務でも責任感を持ち、最後までやり遂げることが出来ます。

このように、冒頭で強みを述べたのちにエピソードを伝え、最後にはどう貢献できるのか記載しましょう。エピソードはできる限り詳しく、その光景が思い浮かぶような内容だとベストです。

自己PRのNG例文3選

自己PRの例文は先述の4文のような事例がありました。自己PRをうまく書けるかどうかは具体的な事例に沿ってエピソードをきちんと伝えることです。では逆にNGとなってしまうものはどんな内容なのでしょうか?

それは、抽象的な言葉で書いてしまうことです。抽象的な言葉は使いやすくて文章についつい入れてしまいがちですが、この自己PRにおいてはそれは致命的になりかねません。なぜなら、相手に伝えるには非常にわかりにくい言葉だからです。また、人によって受け止め方が異なってしまう言葉も使わない方がいいです。

例えると、「協調性」や「積極的」などがそうなってしまいます。何が積極的なのか、どこが協調性があるのかなど、受け止める人によって理解が変わってしまいやすいものはなるべく使わないようにしましょう。次の3つの例文を挙げてみますので、どこが不都合なのかを自分で分析してみてください。

NG例文①

私の長所は、人懐っこいところです。誰とでもすぐ仲良くなれます。人と話す時は常に積極的に前向きな話ができます。ですので、御社で外回りの営業を担当すれば必ずお客様とすぐに商談ができて成果を上げることができます。

まず、自分の長所を伝えてはいますが、全体的にすごく内容が抽象的なのでわかりますか?おまけに、実際の営業を行えばすぐに商談につながり成約までできるような言い回しですよね。

これでは、相手企業としてはあなたに仕事を任せることが不安になる一方でしょう。自分がすぐに成果を出せるなどというまったく根拠のないことは絶対に言ってはいけません。大体その企業の営業内容と交渉スキルをどう身につけていますか?相手に誤解を与えるようなことはNGですので気をつけてください。

NG例文②

私の強みはスポーツをやってきたことです。中学・高校・大学とバレーボールをやっていました。中学ではキャプテンもやりました。私は常に周りの選手に気を配り、自分勝手にプレーをすることはありませんでした。おかげさまで、中学では県ベスト4までいく強さでした。
高校・大学は目立った成績は残せなかったものの、常にレギュラーとしてコートに立ちプレーはしてきました。バレーで培った能力を活かして御社でも粘り強く仕事ができると思っております。

この文章、どこか自分の自慢にしか思えない内容ですよね?バレーを通算10年続けてきたことは確かに素晴らしいことです。中学ではキャプテンもやっていたこともそこだけは評価できるかもしれません。

しかし、せっかくやったキャプテンで何を自分が掴んだのか、どう成長したのかなどの具体性がまったくありません。また、バレーで培った能力で粘り強く仕事ができると書いていますが、培った能力はなんでしょう?また、それで粘り強く仕事ができる根拠はなんでしょう?こういう書き方は非常に危ういものです。

NG例文③

私の強みは、働くことが大好きなことです。大学時代はコンビニで3年間アルバイトをしていました。4年生になってからは就職活動のためやめました。ですが就職が決まり次第、卒業までは何かアルバイトをしたいと考えております。学業との両立は大変でしたが、なんとかこなしてまいりました。以上から、御社でも今までと同様楽しく明るく働くことができます。

学業と両立して、アルバイトをきちんとやっていたことは伝わります。就職が決まり次第またアルバイトするのは問題ありません。

この例では、入社したら今までと同様楽しく明るく働きますと記載しています。確かに明るく楽しく働くことは大切です。しかし、アルバイトと正社員とは責任の所在がまったく違います。この内容では企業は無責任に働かれてしまうのではないかと疑念を抱くに違いありません。

履歴書の自己PRは新卒の就活では重要な役目

履歴書における自己PRがいかに重要であるのかご紹介していきました。自分の強みを売り込むことによって、企業にふさわしい人材であるかチェックできるだけではなく、他の就活生と差別化することもできるため、面接官から厳しく見られている項目なのです。

魅力的な自己PRを作成するには、企業の求める人材像にふさわしい強みを選ぶ必要があります。さらにそれを裏付けることができる、あなたらしいエピソードを添えることで、オリジナリティーのある素敵な自己PRに仕上がること間違いありません。自己PRを制するものは就活を制します。上記を参考にして自己PRに力を入れ、就活を成功させましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ