業界研究

【不動産業界のインターンの特徴】就活に活かすためのポイントも紹介

不動産業界を目指すならインターンがおすすめ

不動産業界は志望者が多いだけに倍率も高くなりやすいため、選考をスムーズに突破するには、事前準備を徹底することが大切です。事前準備として、業界や企業についての理解を深めることが大切です。しかし、学生が不動産会社と関わる機会は少ないため、そもそも基本的な理解が深められていない人も多いでしょう。

普段の生活ではなかなか関われない業界であるため、しっかりと対策するにはインターンへの参加がおすすめです。インターンであれば、業界や企業、さらに仕事内容も学ぶことができ、より効率的に対策が進められます。不動産業界のインターンとはどのようなにおこなわれるのかを知り、参加企業を上手に選定しましょう。

インターン選考内定者のESを覗き見!

インターンの選考に通るためのESを作成するために、実際の通過者のESを参考にしましょう。そこで活用したいのが「インターン選考通過者が実際に提出したES集」です。JALや日清製粉、三菱UFJ銀行や大正製薬などの通過者が提出したESを無料でダウンロードできます。設問の内容も確認できるため、事前の対策として持っておきたい資料です。

インターン選考通過者のESを覗き見!

インターンの選考に通るためのESを作成するために、実際の通過者のESを参考にしましょう。そこで活用したいのが「インターン選考通過者が実際に提出したES集」です。
JAL、日清製粉、三菱UFJ銀行、大正製薬などの通過者が提出したESを無料でダウンロードできます。設問の内容も確認できるため、事前の対策として持っておきたい資料です。

インターン前に不動産業界の仕事を理解しておく

インターンに参加したいと考えているのであれば、まずは不動産業界の仕事について簡単に理解しておく必要があります。不動産業界と聞くと、賃貸の仲介業者を思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、実際はそれだけではありません。不動産業界の中にも、さまざまな事業や職種があります。インターン先の企業を選定するためにも、どのような仕事があるのかを理解したうえで、自分が目指すべき職種を考えましょう。

不動産の開発の仕事

不動産業界には、不動産を開発する仕事があります。主にマンションや商業施設、オフィスビルなどの開発をおこなっており、このような大規模な不動産開発を手がける企業のことを、デベロッパーと呼びます。

デベロッパーの仕事は、土地の仕入れから建設する建物の検討、設計や建設の業者委託などです。また、デベロッパーが企画した建物の建設を担う会社をゼネコンといいます。ゼネコンは、建設そのものが仕事です。

また、不動産開発には戸建住宅を取り扱う企業もあり、ハウスメーカーと呼ばれています。ハウスメーカーの顧客ターゲットは個人です。デベロッパーが設計や建設を業者へ委託しているのに対して、ハウスメーカーはそれらを全て自社で実施しています。

不動産の流通の仕事

不動産の流通に関する仕事には、不動産仲介と不動産販売代理の2つの事業があります。不動産仲介事業では、不動産を貸したい(売りたい)と考えているオーナーと、不動産を借りたい(買いたい)と考えている利用者の仲介をしています。オーナーと利用者からもらう仲介手数料が主な収益です。

不動産販売代理事業では、不動産を売りたいと考えている持ち主から物件を委託され、その広告や販売業務をおこなっています。売主からもらう手数料が主な収益です。

不動産の流通に関する仕事では、オーナーと顧客を結びつけることが主な業務になります。そのため、双方の要望を満たした安全な取引をサポートする役割があるといえるでしょう。

不動産の管理の仕事

不動産を所有していると、建物と設備のメンテナスや入居者対応、空室時の集客、賃料の回収、清掃などさまざまな管理業務が必要になります。それらの業務を物件のオーナーが全ておなうのは相当な労力になるでしょう。そこで、オーナーに代わって管理業務をおこなうのが、不動産管理の仕事です。

オーナーから委託された物件の管理をおこなうため、顧客であるオーナーへの対応が必要になることはもちろん、利用者への対応も必要になる仕事です。そのため、業務内容が幅広いといえます。不動産管理に興味がある就活生は、その業務内容を一度詳しく調べてみるとよいでしょう。オーナーからもらう業務委託料が主な収益です。

不動産業界のインターンに参加するメリット

不動産業界にはさまざまな企業がありますが、具体的な仕事内容を詳しく知る人は少ないでしょう。街でよくみかける、部屋を紹介する仲介の仕事は一般的によく知られていますが、不動産業界の事業はそれだけではありません。

インターンシップに参加すると、企業の詳しい業務内容を実際に体験できたり、企業への理解が深まったりと、さまざまなメリットがあります。選考試験での志望動機を作成する際にも役立つでしょう。

業界研究が深まる

不動産業界のインターンシップで実際に企業の仕事を体験することで、業界について深く理解することができます。今まで不動産業界に対して抱いていたイメージが変わることもあるでしょう。不動産業界のインターンでは、研修で事業の説明やビジネスマナーなどを学んだのち、入社してからの業務を疑似体験することが多いです。

インターンシップに参加すると、1日の仕事の流れや仕事で大切なこと、職場の雰囲気など、業界や企業について深く理解できます。業界研究を念入りにおこなうことは、就活において非常に重要です。外からでは分からない企業の内部を知ることで、不動産業界についてさらに詳しく理解できるでしょう。

興味のある事業や職種が分かる

不動産業界は、大きく3つの業務に分かれています。仕入れた土地にオフィスビルやマンション、商業施設などを建てる「開発」、仲介や売主の代わりに販売をおこなう「流通」、物件の管理をおこなう「運営・管理」が不動産業界の主な業務です。企業によって業務内容も大きく異なるため、インターンシップで実際の業務を体験することで、自分がどの事業に興味があるのかが明確になります。

また、今まで漠然としていた不動産業界への志望動機が、インターンを通じてはっきりみえてくるでしょう。選考試験で志望動機を聞かれた際に、しっかりと自分の意見を述べ企業への熱意を伝えられるようになります。インターンシップに参加する前に企業の事業内容を確認し、3つのうちどの事業をおこなっているか調べておきましょう。

不動産業界のインターンの特徴


インターンを就活で有効活用するには、まずは特徴を知ることが大切です。そもそもインターンは、職業体験を通じた学生の成長の場というものが根底のコンセプトに敷かれています。この前提部分は各業界でも共通していますが、細部の特徴は業界や企業企業ごとに違うこともあるため、それを知ることが大切です。

1DAYや短期が多い

不動産業界のインターンでは、1DAYや短期のように、短い期間でおこなわれるものが多いです。1DAYはその名の通り1日単位でおこなうもので、短期は3日間から1週間程度が多いでしょう。通常短期インターンは1ヶ月程度までを指しますが、不動産業界の場合は、その中でも短めのものが多いです。期間が短いものが主流なだけに、気軽に参加しやすく、ハードルが低いのも特徴です。

数ヶ月単位の長期インターンだと、参加に尻込みすることも多いでしょうが、短めのものならそれほど気負いなく参加できます。もちろん、短いからといって適当な内容で実施されるわけではありません。企業ごとにしっかりプログラムが組まれているため、責任感を持って取り組まなければならないことは、長期の場合と共通しています。

ワーク型を実施する企業が多数

ワーク型の内容で実施する企業が多いことも、不動産業界ならではの特徴でしょう。これは複数日単位でおこなわれる短期インターンはもちろん、1DAYでも同じことがいえます。不動産業界は仕事の規模や責任感が大きいだけに、実際の仕事を経験できるケースはなかなかありません。例えば、不動産業界で住宅の売買をおこなう場合、中古だとしても数千万単位のお金が動くことが多いです。

少なくとも数百万円単位の契約となり、重大な仕事が多いだけに、職業体験といっても学生にはなかなか任せてもらえないことは理解しておきましょう。しかし、学生の成長の手助けのために、ワークに力を入れる企業は多いです。模擬的にでも仕事を体験し、理解を深められるのは大きな魅力といえるでしょう。

内定直結の可能性もある

1DAY、短期と短めの期間設定が主流の不動産業界のインターンですが、実は短期間のものでも、内定直結の可能性を秘めています。通常内定に直結するのは長期インターンの場合に多いですが、不動産業界では短期でもチャンスがあることは覚えておきましょう。これは、ワーク形式で実際の仕事に近いプログラムをおこなうことが関係しています。

模擬的とはいえ、取り組み内容自体は実際の仕事と相違ないケースが多いです。そのため、ワークで活躍し成果を残せた=実際の仕事でも活躍できる、成果を残せると期待してもらえることが多いでしょう。もちろん、すベてが内定に直結するとは限りませんが、インターン時の評価が本選考に影響することは多いため、真剣に取り組むと就活を有利に進めやすくなります。

不動産業界のインターンの内容

不動産業界のインターンへの理解をさらに深めるには、実施される内容を知ることが大切です。企業ごとに詳細な実施内容は違いますが、共通している部分もあります。内容を理解することで、余裕を持ってプログラムに参加でき、経験から得られることも多くなるでしょう。不動産業界のインターンの内容は、大きく3つの形式に分けられます。それぞれの特徴を知り、志望する企業が実施する内容を事前にチェックしておくことをおすすめします。

学生チームを作って営業体験

営業職が対象のインターンでは、学生同士でチームを作って、営業の仕事を模擬体験するというケースが多いです。営業=個人の仕事と思われがちですが、実際にはチーム単位で動くこともあります。ロールプレイングの模擬的なプログラムではありますが、実際の営業の手順をなぞりながら、周囲と協力して取り組めるのが大きな特徴です。

自分ひとりではなかなか上手く進められない場合でも、チーム単位で取り組むことでフォローしてもらえます。また、自分の得意分野になったら今度は自分が力を発揮し、チームを助けることもできるでしょう。仕事への理解を深めながら、適材適所で個性、能力を発揮しやすく、誰しもアピールしやすいのが特徴です。

ワーク形式でコンサル業務体験

コンサル系の職種の場合は、ワーク形式で分析、企画の立案・プレゼンなどをおこなうことが多いです。これも実際のコンサルの仕事をトレースしながらおこなう形式で、模擬的ではあっても仕事の難しさ、楽しさを感じやすい内容でしょう。コンサル系の場合は、企業が扱う分野によって、インターン時のワークの題材も異なります。

例えばディベロッパー企業なら、大規模な都市開発が題材になりやすく、住宅開発系なら、限定的なエリア開発が題材になりやすいです。企業がどのような事業を展開しているかをチェックしておくと、よりスムーズに課題にも取り組めます。企業研究は事前におこない、活躍する分野は把握しておくことが大切です。

業界・企業説明だけで終わる場合もある

短期でもワーク形式で実施されることが多い不動産業界のインターンですが、すべてがそうであるとは限りません。ワーク形式での実施はなく、業界や企業の説明だけをして終わるというケースも存在します。複数日でおこなう短期の場合はワーク形式が主流ですが、1DAYの場合は説明会・講義形式だけで終わる場合もあることは理解しておきましょう。

ワーク形式は学生にとってはとくに有意義な時間となりやすいですが、企業からすると事前準備が大変で、余計にコストがかかります。加えて、ワークをきちんと完了させるには、ある程度の時間が必要で、1DAYでは物理的に難しいことも少なくありません。時間が足りなくて説明だけで終わる可能性もあるため、内容は事前に確認しておきましょう。

有意義なインターンにするためのポイント

不動産業界のインターンを就活に活かすには

就活を少しでも有利に進めるには、積極的にインターンに参加することが大切です。インターンの取り組みから得られるものは多く、貴重な経験を得て、選考に役立てられるということも多いでしょう。ただし、インターンに参加した=就活で絶対有利というわけではありません。有利にできるかどうかは、あくまで自分の工夫次第、取り組み次第です。不動産業界のインターンを就活に活かすには何が大切か、ポイントを知っておきましょう。

参加する目的を明確にする

不動産業界のインターンに参加するなら、何を目的にするかを決めておきましょう。ひとくちにインターンといっても、企業ごとに実施内容は違い、目指す職種ごとに参加すべきプログラムも異なります。不動産業界に興味を持ち始めたばかりで、あまりよく分かっていないなら、まずは業界・企業説明をおこなう内容で参加するといいでしょう。

業界についてある程度理解が深められ、さらに深堀りして知識をつけたいなら、ワーク形式がおすすめです。インターンは内容によって得られるものが違ってくるため、インターンから得られるものと、自分が欲しいものが一致していないと、参加するメリットが薄くなります。メリットのミスマッチを起こさないためにも、目的はできるだけ明確にしておきましょう。

複数企業のインターンに参加する

インターンは1社で終わらせず、複数企業に参加することも大切です。とくに不動産業界の場合は、短期で終わるものが多いため参加もしやすく、この特徴を活かさない理由はありません。不動産業界は業界規模が非常に大きいことも特徴で、同じ業界でもやっていることや就職に必要なものは異なります。土地の売買も不動産、住宅の売買・貸借も不動産、大規模な都市開発、沿線開発も不動産です。

業界内の分野が幅広く、不動産業界を目指したいと思った場合でも、どれが適しているかは分からないため、視野を広げて可能性を探ることが大切です。複数分野にまたがって参加する、あるいは同じ分野でも特徴の違う企業に参加するなど、工夫して多くの企業をみることで、理解はさらに深まるでしょう。

不動産業界のインターン選考を通過するための対策

就活でインターンシップを利用したいと考えていても、インターン選考に落ちてしまっては参加することができません。そこで、不動産業界のインターン選考を通過するためにはどのような対策が必要になるのかを解説します。不動産業界を志望する就活生は多く、インターンでも競争率の高い企業が多いです。不動産業界への就職を強く志望するのであれば、インターン選考からしっかりと対策をして、他の就活生から出遅れないようにしましょう。

不動産業界を志望する理由を明確にしておく

対策のひとつめは、不動産業界を志望する理由を明確にしておくということです。インターン選考では、志望動機を問われることが多いでしょう。そのとき、不動産業界である理由を盛り込むとよいです。

不動産業界は、さまざまな事業や職種に分かれています。そのため、不動産業界の企業は、自社の事業をきちんと理解したうえで来てくれているのかが気になっています。また、自分がどの事業に携わりたいのかを志望する理由と共に説明できなければ、熱意をアピールすることができません。

インターンを実施する企業は、ゆくゆくは入社してくれる可能性のある熱意をもった人に参加してほしいと考えています。採用選考ではありませんが、インターン選考でもしっかりと熱意を伝えることが大切です。

企業研究をしておく

企業研究を念入りにしておくことも、インターン選考の対策のひとつです。不動産業界では、企業ごとに事業内容や社風、求められる能力が大きく異なります。そのため、企業研究をしっかりしておかなければ、認識の誤りが生じてしまいます。志望動機でなぜその企業のインターンに参加したいのかを伝えるためにも、まずは企業研究をしっかりとおこないましょう。

また、選考では、自分がその企業のインターンに参加することで何を得たいと考えているのかを説明できるようにしておくことも大切です。それにより、インターンへの意欲を伝えることができます。企業の特色を理解することで、インターン後に自分がどのように成長しているのかをイメージできるようにしておきましょう。

不動産業界のインターンに参加して視野を広げよう

不動産業界を知るためにも、ぜひインターンに参加してみましょう。内定に直結する場合はもちろん、直結しなくてもインターンでの評価が本選考にプラスの影響を及ぼすことはあります。また、インターンで得た知識やスキル、経験を活かすことで、他の学生との差別化もはかりやすくなるでしょう。

不動産業界のインターンには、就活を有利に進めるためのエッセンスが数多く詰まっているため、積極的な参加がおすすめです。インターンはできるだけ多くの企業に参加し、視野を広げることを意識しましょう。不動産業界の各分野をみて、業界への理解を深めることが、就活を有利に進めるための秘訣でもあります。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ