就活その他

【履歴書に貼る証明写真の服装】基本ルールや好印象を与える方法を解説

履歴書の証明写真を撮る時の服装について知っておこう

履歴書の証明写真で、就活生の第一印象が決まります。履歴書の証明写真は、採用担当者が就活生について初めてみる情報であり、人物像のイメージに大きく影響するものです。

写真を撮る際に男性と女性で気を付けるべきマナーは異なりますが、いずれにせよマナーを守り、第一印象を整えることが大切です。そのため、証明写真を撮る際の服装について理解を深めておきましょう。

服装のポイントを知り、「この人と会ってみたい」と思ってもらえるような証明写真を用意しておきましょう。

本記事では、履歴書の証明写真を撮る際の服装について紹介します。「撮影時の服装」「撮影時の注意点」について詳しく解説しています。これらを理解しておかなければ、適切な履歴書を作成することができず、選考を通過することが難しくなります。

そのため、履歴書の証明写真を撮る時の服装について、しっかりと理解を深めておきましょう。

証明写真の3つのルール

証明写真の3つのルールを表した図

まずは「証明写真のルール」について、解説します。ルールとしては、「縦4cm×横3cmのサイズ」「撮影日から3か月以内が有効期限」「背景色は白か水色が背景色の基本」の3つがあげられます。

そもそもルールを理解しておかなければ、適切な履歴書を作成することができません。どれだけちゃんとした服装で写真撮影していても、選考を通過することはできないでしょう。そのためまずは、証明写真ルールについて理解を深めておきましょう。

1.「縦4cm×横3cm」のサイズ

「縦4cm×横3cm」のサイズを表した図

「証明写真のルール」について、1つ目は「縦4cm×横3cmのサイズ」になります。証明写真を撮影する際には、このサイズを選ばなければいけません。

証明写真のサイズはさまざまなものがありますが、それらは用途によって違っています。履歴書で使用されるサイズは「4×3」のものであり、基本的にはこれ以外のサイズは使用しません。その他のサイズだと大きすぎたり、小さすぎてしまうため、履歴書の枠に合わなくなってしまいます。

証明写真は枠に貼れば何でもいいわけではなく、きちんとサイズを合わせて貼り付けることが基本的なマナーです。枠からはみ出すのもよくありませんし、写真が小さすぎて枠が余ってしまうのもNGです。

大きすぎる場合は小さく切るなどで対処できる場合もありますが、基本的にはジャストサイズであること大切ですので、「4×3」で撮影しましょう。

「証明写真のサイズ」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「証明写真のサイズ」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

2.「撮影日から3か月以内」が有効期限

証明写真の有効期限を表した図

「証明写真のルール」について、2つ目は「撮影日から3か月以内が有効期限」になります。パスポートや運転免許証といった公的証明書の写真においても、3ヶ月以内のものを使用するようにと指定されています。

理由としては、写真撮影時と現在の姿に、差を生んでしまうことを防ぐためです。証明写真は、その写真が本人であるということを表すためのものです。そのため、面接時の顔と写真の顔の印象が違いすぎると、証明写真とは言えなくなってしまいます。

就活では履歴書は何枚、何十枚と作成しますし、履歴書1枚ごとに証明写真が1枚必要になります。履歴書に貼る証明写真がなくなれば、写真を撮影し直さなければなりませんし、面倒でしょう。

あらかじめ多めに写真を撮っておき、ストックを作ることで効率的に就活を進めることができます。しかし、ストックを作り過ぎて、3ヶ月を経過しないように注意しなければなりません。

3.「背景色は白か水色」が基本

「背景色は白か水色」が基本を表した図

「証明写真のルール」について、3つ目は「背景色は白か水色が基本」になります。証明写真では撮影時の服装だけではなく、背景色選びにも注意が必要です。

コンビニの写真機で撮影する場合は、機種によって背景色が選べることがあります。ここでおすすめは白や水色です。

白であれば全体的に光が当たりやすいですし、顔色も明るく健康的にみえやすくなります。また水色の場合は、清潔感があり、爽やかな印象を与えやすいためおすすめです。

背景色はさまざまなものが選択できますが、一方で黒系の色は暗くみえてしまいがちですし、赤や黄色のような派手な色は就活にはふさわしくありません。企業に履歴書が送られた後は、白黒でコピーを取って使用することもあるため、白や水色の場合は白黒コピーしてもみやすいのでおすすめです。

撮影時での服装の5つのルール

撮影時での服装の5つのルールを表した図

次に「撮影時の服装ルール」について、解説します。ルールとしては、「スーツ着用が一般的」「黒か紺色のスーツを選ぶ」「白色のワイシャツを選ぶ」「赤、青、黄色系のネクタイを選ぶ」「上着は必ず着用」の5つがあげられます。

これらのルールを理解しておかなければ、適切な履歴書を作成することができず、選考を通過できる履歴書を作成することができないでしょう。そのため、撮影時の服装について理解を深めておきましょう。

1.男女共通でスーツ着用が一般的

OK例
・スーツ

NG例
・私服

「撮影時の服装」について、1つ目は「男女共通でスーツ着用が一般的」になります。履歴書の証明写真を撮影する際は、スーツを着用して臨みましょう。

スーツの着用が、社会人としてのマナーです。就職や転職のようなビジネスの場では、マナーとしてスーツを着た写真を撮って、証明写真として使用するのが基本となっています。

スーツ着用は堅いと、感じる人も多いかもしれません。しかしスーツを着用していないと「マナーを守れない」ということで、減点の対象となる可能性もあります。

一方で、スーツを着た写真であるからといって加点にはなりません。「スーツが当たり前」と考えている企業は多いため、それ以外の選択肢を選ぶことはリスクであると言えるでしょう。

「就活の服装」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「就活の服装」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

2.男女共通で黒か紺色のスーツを選ぶ

OK例
・黒
・紺色

NG例
・淡いグレー
・明るい色

「撮影時の服装」について、2つ目は「男女共通で黒か紺色のスーツ」を選びましょう。証明写真でもスーツの着用が必須であり、色は黒色か紺色のようなダークカラーにしましょう。

淡いグレーなど、明るい色にしてしまうと、カジュアルに見えてしまうため、注意しなければなりません。

女性の場合もスーツ着用は必須であり、スーツの色はできる限り落ち着いた色を選びましょう。色は男性と同じで、黒色や紺色がおすすめです。明るい色のスーツを選んでしまうと、カジュアルな印象を与えてしまい、評価を下げられてしまう可能性があるため注意しなければなりません。

また女性の場合はスカートとスーツのどちらでもよいです。どちらを着用しても、写真に映らないため、問題はありません。

「スーツの色」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「スーツの色」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

3.男女共通で白色のワイシャツを選ぶ

OK例
・白色無地
・第一ボタンまで閉める

NG例
・派手なシャツ
・Tシャツ
・インナー

「撮影時の服装」について、3つ目は「男女共通で白色のワイシャツ」を選びましょう。写真を撮影する際には、スーツを着用するだけではなく、シャツも着て、ネクタイも身につけておかなければなりません。シャツは白色無地がおすすめであり、色付きや柄物は避けましょう。またシャツではなく、Tシャツやインナーのみも避けましょう。

白無地のシャツなら、余計な印象を与えることもないため悪目立ちしづらく、どのような業界、企業でも悪印象を与えることはないでしょう。また清潔感もアピールしやすく、好印象も獲得しやすいです。

白無地のシャツだと顔色も映え、全体的に明るい印象が与えられます。また薄いストライプ程度なら柄付きでOKな場合もありますが、企業ごとに評価の基準が異なるため注意が必要です。多少の柄ならOKとする企業、白無地以外は全てNGとする企業など、身だしなみの感じ方は様々です。

一方で、色柄の濃いワイシャツを着用するのはNGです。基本的に白色以外はNGで、柄も大きなもの、濃いものは避けるようにしましょう。ストライプ程度ならOKな場合もありますが、線が太い、あるいは色が濃いとカジュアルにみえてしまい、NGになることが多いです。

社会人の中には薄い青色やピンク色のシャツを着ている人も多く、ビジネスではこれらはフォーマルな服装として認められています。しかし、就活では「色付き=カジュアル」とみなされることが多いため、注意しなければなりません。就活中は色柄物を着るのは我慢し、白色で無地のワイシャツを選んだほうが失敗しないでしょう。

「ワイシャツ」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「ワイシャツ」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

4.赤、青、黄色系のネクタイを選ぶ

OK例
・赤色、青色、黄色

NG例
・柄付きのような派手なもの
・ズレやゆるみ
・幅が広いもの

「撮影時の服装」について、4つ目は「赤、青、黄色系のネクタイ」を選びましょう。ネクタイは赤色や青色、黄色がおすすめであり、シンプルであればフォーマルに見えやすいです。証明写真では上半身がとくに見えやすいため、スーツだけではなく、ネクタイもフォーマルなものを選びましょう。

また、ネクタイのズレやゆるみに十分注意しましょう。ネクタイは体の中央にありますので、とても目立ちます。印象を大きく左右しますので、撮影前に必ず確認し、整えるようにしてください。

普段ネクタイをしていなければ、少しくらいズレたりゆるんでいてもあまり気にならないかも知れません。しかし、自分自身の感覚と、写真を見る採用担当者の感覚が違うという点はしっかりと意識しておきましょう。

ネクタイが左右にズレていたりゆるんでいると、とてもだらしない印象になります。採用担当者は限られた資料から学生のことを判断していきますので、「だらしない人」「相手からどうみられるのかに無頓着」「大雑把で適当な性格」など、悪印象を与えてしまう可能性があります。

ネクタイを締めたときには整っていても、乱れてしまうこともあるでしょう。結び目の下のくぼみと、全体が綺麗に中央にきているか必ず撮影直前にもチェックしてください。ネクタイピンで固定してしまうのもおすすめです。

「証明写真のネクタイ」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「証明写真のネクタイ」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

5.男女共通で上着は必ず着用

OK例
・ジャケット着用

NG例
・ノージャケット

「撮影時の服装」について、5つ目は「男女共通で上着は必ず着用」になります。履歴書の証明写真は季節問わずスーツと決まっています。そのため夏でも、上着は着て撮影する必要があります。季節を問わず撮影時は上着を着用するようにしましょう。

上着を着ずにシャツのみで撮影すると、ビジネスマナーが理解できていないと思われてしまいます。証明写真の撮影時には、必ず上着を着用しましょう。

「スーツの上着」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「スーツの上着」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

撮影時での3つの注意点

撮影時での3つの注意点を表した図

次に「撮影時の注意点」について、解説します。注意点としては、「写真屋さんで撮影する」「背筋を伸ばす」「左右の肩の高さを水平にする」の3つがあげられます。

これらの注意点を理解しておかなければ、適切な履歴書を作成することができず、選考を通過できる履歴書を作成することができないでしょう。そのため、撮影時の注意点について理解を深めておきましょう。

1.写真屋さんで撮影する

「撮影時の注意点」について、1つ目は写真屋で撮影しましょう。写真館ではプロのカメラマンがスタジオで撮影してくれるため、写真の仕上がりがきれいで色味も鮮やかです。

このような写真では、顔が鮮明に映るため、企業からの印象も良いでしょう。また一度撮影してしまえば撮影データを写真館が保管してくれているので、サイズの変更・焼き増しが容易にできるところもメリットです。

例えばカメラのキタムラで撮影をした場合、焼き増しの受付方法は店舗受付とネット受付があります。そして受け取り方法は店舗と宅配の2種類があります。店舗受付の場合、店舗でしか受け取れないので注意が必要です。

ネット受付の場合宅配と店舗受け取りの2種類から選択することができます。ネットで完結させたい方はネット受付から申し込むとよいでしょう。焼き増しの料金は一枚あたり350円程度です。履歴書、運転免許証、マイナンバーのサイズにも対応しているので、是非参考にしてみてください。

「写真館」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「写真館」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

2.背筋を伸ばす

「撮影時の注意点」について、2つ目は背筋を伸ばしましょう。姿勢で悪印象を与えてしまうケースで、一番多いのが「猫背」です。猫背の人は上半身だけの写真であってもわかってしまい、姿勢が悪く、暗い印象を与えてしまいます。

特に、普段から猫背の人は注意が必要です。なぜなら、普段から猫背の人は自分では真っ直ぐであると思っているケースが多いといえます。

自分では気がつかないケースもあるため、第三者に猫背になっていないか確認してもらうのがよいでしょう。猫背の人は普段の状態が真っ直ぐだと思っているため、普段通りに姿勢を正そうとしても猫背が改善されないことが多いです。

普段姿勢を正すときよりも少し大げさに背筋を伸ばし、両肩を開くように胸を張ってみてください。不安であれば、写真店で撮影し、撮影前にカメラマンに確認してもらうのがおすすめです。

「姿勢」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「姿勢」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

3.左右の肩の高さを水平にする

「撮影時の注意点」について、3つ目は左右の型の高さを水平にしましょう。証明写真で左右の肩の高さが揃っていないと、不安定ででだらしない印象を与えてしまう可能性があるため注意しなくてはなりません。

左右の肩の高さも、自分では自覚できていないことが多いでしょう。自分の感覚で左右の肩の高さを揃えているつもりでも、どちらかが高いというケースは意外とあるものです。

誰しも姿勢に癖はあるものですし、その癖に気がつかず、自分の姿勢が整っていると思っている場合がほとんどです。自分で鏡で確認するのももちろんですが、やはり写真店でカメラマンに姿勢の確認をしてもらうのが最も安心できるでしょう。

肩を調整するのが苦手な人は、顔は正面に固定したまま、首から下だけを少し傾けるイメージで調整してみてください。

服装以外での3つの注意点

服装以外での3つの注意点を表した図

最後に「服装以外の注意点」について、解説します。注意点としては、「表情」「髪型や髪色」「メイク」の3つがあげられます。

これらの注意点を理解しておかなければ適切な履歴書を作成することができず、選考を通過できる履歴書を作成することができないでしょう。そのため、撮影時の注意点について理解を深めておきましょう。

1.表情

「服装以外の注意点」について、1つ目は「表情」です。履歴書の証明写真では、優しい表情をつくることが望ましいといわれています。

証明写真を撮る際には、自然と無表情になってしまっている場合が多いです。履歴書の証明写真が無表情だと、暗い印象を与えてしまうこともあります。証明写真では緊張して表情が硬くなってしまうことも多いですが、それでは好印象を与えることはできません。

写真を撮る際は、活き活きと優しい表情を出す方が、好印象につながります。撮影前にはしっかりとリラックスをして、顔が強張ってしまわないように笑顔を作る練習をしておくことが大切です。

また証明写真で歯をみせて笑うような笑顔はNGですが、顔の筋肉を動かして柔らかい表情を心掛けるようにしましょう。表情次第で与える印象は大きく変わり、評価も違ってきますので、暗い表情にならないように充分に注意しておきましょう。

「証明写真の表情」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「証明写真の表情」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

2.髪型や髪色

OK例(男性の場合)
・短髪
・前髪をあげる
・もみあげは耳たぶよりも上
・黒髪

NG例(男性の場合)
・長髪
・襟足がある
・奇抜な髪型
・明るい色

「服装以外の注意点」について、2つ目は「髪型や髪色」です。男性の場合、髪型や髪色のようなヘアスタイルは、印象を左右する重要なポイントであるため、清潔感が出せるように整えておく必要があります。

さっぱりして見える髪型としてツーブロックは人気がありますが、刈り上げが高すぎるとビジネスシーンにはふさわしくないと思われてしまうこともあります。そのため、ツーブロックの場合は刈り上げの高さは控えめにして、カジュアルになり過ぎないように注意しましょう。

前髪はあげ、もみあげは耳たぶよりも上まで切っておき、顔全体が見えるように調整しましょう。顔全体が見えることで、清潔感を生むことができます。そのため、襟足も切っておき見えないようにしましょう。

また髪型を整える際には、ワックスを使用することがおすすめです。ワックスを軽く使って整えておくことで、より清潔感をアピールしやすくなります。

ただし、ワックスを使い過ぎると、べたべたして清潔感がないと思われてしまうため、つけすぎには注意しなければなりません。おすすめの髪型は黒髪で短髪であり、顔のパーツがすべて見えている状態にしておきましょう。

OK例(女性の場合)
・髪をまとめる
・前髪が眉毛や耳にかかっていない
・髪色が明るすぎない

NG例(女性の場合)
・奇抜な髪型
・髪色が明る過ぎる色

また女性の場合は、男性とは違ってショートカットだけではなく、ミディアムやロングヘアーでも構いません。髪が長くなる場合は邪魔にならないようにヘアゴムやピンでまとめておきましょう。

とくにロングヘアーの場合は、おろしたままでまとめずにいると、清潔感にかけると判断される可能性があります。髪型の自由度は男性よりも高いですが、髪が顔にかからないように注意しておきましょう。

前髪が眉毛や目、耳にかからないように気をつけておき、顔のパーツ全体が見えるようにしておくことが大切です。髪が顔にかかっていると、暗い印象を持たれやすいでしょう。ショートならボブ、ロングならくくってまとめたり、ハーフアップにしたりする髪型がおすすめです。

「履歴書の髪型」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「履歴書の髪型」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

3.メイク

OK例
・ナチュラルメイク

NG例
・厚化粧
・すっぴん

「服装以外の注意点」について、3つ目は「メイク」です。メイクをするのは、特に女性の場合が多いでしょう。女性の場合はメイクをする必要があり、この際には派手になり過ぎないように注意しなければなりません。濃いメイクをしてしまうと、カジュアルに見えてしまい、ビジネスシーンにふさわしくないと判断されます。

そのため、メイクは薄めにしておき、グロスを塗りすぎたり、アイラインを引きすぎたりしないようにしましょう。また、すっぴんもNGです。メイクをしていないと、「他者を気遣う」という気持ちがないとみなされ、良くない印象をもってしまう面接官もいるため、ぜひ覚えておきましょう。

ビジネスでは控えめなメイクが好まれるため、スーツに合うかどうかを意識することが大切です。私服に合わせるメイクでは派手過ぎると判断される可能性があるため、スーツを着ていても違和感がないかをチェックして、ナチュラルなメイクをしましょう。

「証明写真のメイク」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「証明写真のメイク」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

履歴書の証明写真は服装にも気を配ろう

就活では、第一印象が重要視されています。そのため、いかに第一印象で好印象が与えられるかを考える必要があるでしょう。本当の第一印象が決まるのは面接ではなく、履歴書の証明写真です。それが履歴書の評価を左右することも少なくありません。

写真の印象が評価に与える影響は大きいといえるため、少しでも好印象を与えられるように工夫して撮影することが大切です。証明写真で印象が悪ければ書類選考で落とされてしまい、そもそも面接に参加することさえできなくなります。

書類選考を突破するためには証明写真は重要なものですので、撮影のポイントをしっかり押さえて最高の証明写真を撮影しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ