就活その他

【履歴書の証明写真の服装】首元まで手を抜かずに好印象を得る方法

履歴書の証明写真で第一印象が決まる

履歴書の証明写真で、就活生の第一印象が決まります。履歴書の証明写真は企業が就活生について初めてみるビジュアル情報であり、人物像のイメージに大きく影響するものです。

写真を撮る際に男性と女性で気を付けるべきマナーは異なりますが、マナーを守り、第一印象を整えることが大切です。「この人と会ってみたい」と思わせる証明写真を用意しておきましょう。この記事では、履歴書の証明写真を撮る際の服装について紹介します。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

知っておきたい証明写真の基本的なマナー

証明写真は綺麗に撮影することが大切ですが、それだけではなく基本的なマナーを守って撮影、使用することが大切です。就活ではさまざまなマナーがありますが、それは証明写真でも同じことがいえます。

証明写真にも細かいマナーがたくさんありますし、それらをきちんと理解しておくことが就活の攻略にも繋がります。証明写真は基本的なマナーができていないと大きく評価を下げられる可能性がありますので、必ず理解しておきましょう。

4×3センチが基本

証明写真を撮影する際には、写真のサイズを選ばなければなりません。サイズはさまざまなものがありますが、それらは用途によって違っています。履歴書で使用されるサイズは4×3のものであり、基本的にはこれ以外のサイズは使用しません。その他のサイズだと大きすぎたり小さすぎてしまい、履歴書の枠に合わなくなってしまいます。

証明写真は枠に貼れば何でもいいわけではなく、きちんとサイズを合わせて貼り付けることが基本的なマナーです。枠からはみ出すのもよくありませんし、写真が小さすぎて枠が余ってしまうのもNGです。大きすぎる場合は小さく切るなどで対処できる場合もありますが、基本的にはジャストサイズであること大切ですので、4×3で撮影しましょう。

撮影から3ヶ月以内のものを使用

就活では履歴書は何枚、何十枚と作成しますし、履歴書1枚ごとに証明写真が1枚必要になります。履歴書に貼る証明写真がなくなれば、写真を撮影し直さなければなりませんし、面倒です。そこであらかじめ多めに写真を撮っておき、ストックを作ることで効率的に就活を進めることができますが、ストックを作り過ぎないように注意しなければなりません。

ストックがたくさんあれば写真撮影の手間が省けて楽ですが、履歴書に使えるのは撮影後3ヶ月以内のものに限られています。3ヶ月以上経過したものは使用できませんし、期限を過ぎればストックは無駄になってしまいます。ストックを持っておくのは大切ですが、3か月で使いきれるようにしておき、写真を無駄にしないように注意しましょう。

背景色は白か水色がおすすめ

証明写真では撮影時の服装などだけではなく、背景色選びにも注意が必要です。スピード写真機で撮影する場合は機種によっては背景色が選べる場合もありますが、このときにおすすめなのは白や水色などです。白であれば全体的に光が当たりやすいですし、顔色なども明るく健康的にみえやすくなります。

水色の場合は清潔感がありますし、爽やかな印象を与えやすいためおすすめです。背景色はさまざまなものが選択できますが、黒系の色は暗くみえてしまいがちですし、赤や黄色など派手な色は就活にはふさわしくありません。企業では履歴書は白黒でコピーを取って使用することがほとんどですが、白や水色の場合は白黒コピーしてもみやすいのでおすすめです。

証明写真を撮る際の服装

履歴書の証明写真を撮る際の服装は、黒か紺色のリクルートスーツがおすすめです。シャツもボタンダウンのものではなく、通常のワイシャツの方がいいでしょう。またネクタイは無難に明るめなストライプが入っているタイプがよいです。面接官は就活生を直接みるよりも、写真でみる頻度の方が圧倒的に多いため、リクルートスーツで印象をよくしておきましょう。

黒か紺色のスーツと白のワイシャツを着用する

新卒の証明写真の撮影は、黒か紺色のスーツと白のワイシャツを用意しましょう。転職ではスーツではないフォーマルな服装で撮影することもありますが、新卒はスーツが基本です。

男性は耳が出るような清潔感のある髪型にして、髭を剃っておきます。女性は髪を整えて、メイクはナチュラルにしておきましょう。新卒は若さが売りですので、フレッシュさを最大限伝えられるようにしておくことが大切です。

私服OKの職種でもスーツが基本

たとえ、システムエンジニアやクリエイターなどの私服OKな企業を受けるような場合も、履歴書の証明写真はスーツが基本です。ここを常識として理解しておかないと、素晴らしい履歴書が書けたとしても損をしてしまいます。履歴書には、正装で撮影された写真を貼るのがマナーです。

夏でも上着は必ず着用する

履歴書の証明写真は季節問わずスーツと決まっています。つまり、夏でも上着は着ておくということです。正装で撮影することが前提ですので、季節を問わず撮影時は上着を着用するようにしましょう。

上着を着ずにYシャツのみで撮影すると、ビジネスマナーが理解できていないと思われてしまいます。日本でいう正装とは、ジャケットを羽織っていることを指しますので、 証明写真の撮影時には上着を着用しましょう。

ネクタイのズレやゆるみに注意する

男性の場合にはネクタイのズレやゆるみに十分注意しましょう。ネクタイは体の中央にありますので、とても目立ちます。印象を大きく左右しますので、撮影前に必ず確認し、整えるようにしてください。

普段ネクタイをしていなければ、ネクタイが少しくらいズレたりゆるんでいてもあまり気にならないかも知れません。しかし、自分自身の感覚と、写真を見る採用担当者の感覚が違うという点はしっかりと意識しておきましょう。

ネクタイが左右にズレていたりゆるんでいると、とてもだらしない印象になります。採用担当者は限られた資料から学生のことを判断していきますので、「だらしない人」「相手からどうみられるのかに無頓着」「大雑把で適当な性格」など、悪印象を与えてしまう可能性があります。

ネクタイを締めたときには整っていても、乱れてしまうこともあるでしょう。結び目の下のくぼみと、全体が綺麗に中央にきているか必ず撮影直前にもチェックしてください。ネクタイピンで固定してしまうのもおすすめです。

襟が曲がっていないか気を付ける

撮影の際に気を付けるべきこととして、「襟が曲がっていないか」も重要です。移動したり準備したりしている間に、襟が曲がったりジャケットに引っかかる、立ったりよじれたりしてしまう可能性があります。

撮影前に鏡で確認する際、襟は見落としてしまいがちです。だからこそ、特に注意してチェックするとよいでしょう。特にスキッパータイプのブラウスなどの場合、左右の襟の幅や角度がずれてしまうことがあります。本人にとっては気にならない範囲でも、採用担当者からはだらしなく見える可能性もあるので要注意です。

襟に関しては、少し動くだけでも乱れてしまう箇所です。鏡でチェックした後も動くとズレてしまいますので、撮影直前に確認し、確実に整った状態にしておきましょう。

髪型やメイクの注意点

証明写真を撮影する際は、髪形やメイクも徹底して整えておきましょう。男性に関しては、髪は耳にかからない程度にしてひげはきれいに剃っておくこと、女性は髪はきれいに整えてメイクはナチュラルにしておきましょう。

男女ともに準備不足で寝癖がついていたり、目の下にクマがあったりとすると印象はよくありません。撮影する際は、誰もが好印象をうけるようなスタイルを作る必要があります。次に男女それぞれどのように徹底していくべきか、みていきましょう。

男性は清潔感のある短髪がおすすめ

男性が証明写真においてこだわるポイントとしては、「さわやかで清潔感のある姿」です。髪はなるべく短く、顔のパーツをしっかりとみせられるようにしていきましょう。
一番の理想は、短髪で横分け、前髪は上がっている髪型が望ましいです。

これをリクルートカットと呼び、就活するときのスタンダードなスタイルになります。面接官はまず、身なりで社会常識があるかを判断していますので、髪形は個性よりも就活生らしさを重視したほうがよいでしょう。

女性は髪をまとめてナチュラルメイクを心掛ける

女性に関しても、証明写真を撮る際の守るべきマナーがあります。それはおしゃれよりも印象を重視することです。例えば、ファッション業界の企業を受けたとしても、履歴書の写真にオシャレな要素を入れる必要はありません。履歴書の証明写真では普段のメイクと違い、ナチュラルメイク、そして髪形はしっかりと整えておくようにましょう。

企業によって与える印象は異なりますが、一般的に、おだやかな印象を与えるのが、「ロング・セミロング」で、しっかりとした印象を与えるのは「ショート」といわれています。髪が長い人は、ひとつにまとめるかハーフアップにすることで清潔感のある印象になります。メイクも明るい表情を出すために口紅の色を合わせたり、肌の色が合うようにベースメイクも整えておきましょう。

女性の場合、見た目の美しさも大切ですが、その人の雰囲気から出てくる美しさも表現しましょう。企業側にいかに好印象を与えられるかがカギとなります。まずは誰が見ても印象がよくなるように準備していくことを心がけましょう。

証明写真は姿勢や表情も大切

証明写真で意外と見落としてしまうのが姿勢です。服装が完璧に整っていても、姿勢が悪いと写真の印象全体が悪くなってしまうため注意しなくてはなりません。写真店などで撮影を依頼する場合、カメラマンが指導してくれる場合も多いですが、自分自身でも注意すべき点を知っておきましょう。

姿勢の乱れは証明写真から意外とわかってしまうものです。好印象な証明写真を撮影するには姿勢も大切です。ここからは姿勢に関する注意点をみていきましょう。

猫背はNG

姿勢で悪印象を与えてしまうケースの代表が、猫背です。猫背の人は上半身だけの写真であってもわかってしまい、印象が悪くなってしまいます。普段から猫背の人は特に注意が必要です。なぜなら、普段から猫背の人は自分では真っ直ぐであると思っているケースが多いといえます。

自分では気がつかないケースもあるため、第三者に猫背になっていないか確認してもらうのがよいでしょう。猫背の人は普段の状態が真っ直ぐだと思っているため、普段通りに姿勢を正そうとしても猫背が改善されないことが多いです。

普段姿勢を正すときよりも少し大げさに背筋を伸ばし、両肩を開くように胸を張ってみてください。不安であれば、写真店で撮影し、撮影前にカメラマンに確認してもらうのがおすすめです。

左右の肩の高さが揃うように意識する

姿勢での失敗例としては、「左右の肩の高さが揃っていない」というケースも挙げられます。証明写真で左右の肩の高さが揃っていないと、不安定ででだらしない印象を与えてしまう可能性があるため注意しなくてはなりません。

左右の肩の高さも、自分では自覚できていないことが多いでしょう。自分の感覚で左右の肩の高さを揃えているつもりでも、どちらかが高いというケースは意外とあるものです。

誰しも姿勢に癖はあるものですし、その癖に気がつかず、自分の姿勢が整っていると思っている場合がほとんどです。自分で鏡で確認するのももちろんですが、やはり写真店でカメラマンに姿勢の確認をしてもらうのが最も安心できるでしょう。肩を調整するのが苦手な人は、顔は正面に固定したまま、首から下だけを少し傾けるイメージで調整してみてください。

優しい表情で撮影する

髪形やメイクと同じくらい、表情も大切であるといわれています。ではどのような表情がいいのかというと、優しい表情をつくることが望ましいといわれています。証明写真を撮る際には、自然と無表情になってしまっている場合が多いです。履歴書の証明写真が無表情だと、暗い印象を与えてしまうこともあります。

写真を撮る際は、活き活きと優しい表情を出す方が、好印象につながります。少し口角をあげるように意識しましょう。

表情が暗いと印象が悪い

証明写真は、優しく明るい表情で撮影することが大切です。暗い表情で撮影してしまうとマイナスの印象を与えますし、場合によっては評価も下がってしまいます。証明写真では緊張して表情が硬くなってしまうことも多いですが、それでは好印象を与えることはできません。

撮影前にはしっかりとリラックスをしておき、表情が強張ってしまわないように表情を作る練習をしておくことが大切です。証明写真で歯をみせて笑うような笑顔はNGですが、顔の筋肉を動かして柔らかい表情を心掛けるようにしましょう。表情次第で与える印象は大きく変わり、評価も違ってきますので、暗い表情にならないように充分に注意しておきましょう。

写真館での撮影がおすすめ

履歴書の証明写真を撮影する際は、スピード写真ではなく、写真館で撮影することをオススメします。なぜなら写真館ではこれまで多くの証明写真を撮影してきたプロが撮影してくれます。

撮影時に細かくアドバイスもしてくれるため、仕上がりは間違いありません。さらにスピード写真では身だしなみについてアドバイスしてくれる人がいないため、自分で確認しなければなりません。うまく撮影できないと何度もやり直しになり、費用も余計にかかる場合があります。

さらにスピード写真は手軽なイメージがあり、面接官から、手を抜いていると思われるかもしれません。面接官は、スピード写真と写真館のどちらで撮ったかはすぐに判断できます。写真館で撮影をした方が、ちゃんと準備していると好印象を受けやすいでしょう。

履歴書の証明写真は服装や髪形にも気を配ろう

就活では、第一印象が重要視されています。そのため、いかに第一印象で好印象が与えられるかを考える必要があるでしょう。本当の第一印象が決まるのは面接ではなく、履歴書の証明写真です。それが履歴書の評価を左右することも少なくありません。

写真の印象が評価に与える影響は大きいといえるため、少しでも好印象を与えられるように工夫して撮影することが大切です。証明写真で印象が悪ければ書類選考で落とされてしまい、そもそも面接に参加することさえできなくなります。書類選考を突破するためには証明写真は重要なものですので、撮影のポイントをしっかり押さえて最高の証明写真を撮影しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ