業界研究

【自動車業界の志望動機の書き方】作成する際のポイントと例文

自動車業界とは

自動車業界は人気の高い業界の一つであり、就活を成功させるためには志望動機を工夫して書き上げる必要があります。日本の自動車業界は国内だけではなく、海外でも高く評価されており、注目度の高い業界です。

志望動機を作成するためには業界研究を欠かすことはできませんので、まずは自動車業界について理解を深めることが大切です。業界の動向や職種などの基本的な知識を身に付け、自動車業界の志望動機の作成に役立てていきましょう。

自動車業界

自動車業界は好調な業績を誇り、業界規模を拡大している業界です。2008年から2011年頃までは業績も伸び悩みを見せ、業界規模も縮小傾向にありましたが、以降は回復傾向のまま推移しています。

業績好調の要因は景気の回復や増税前の駆け込み需要などです。景気の回復によって自動車需要は増大し、さらに増税前に伴う駆け込み需要で自動車の需要は一気に拡大しています。さらに円安も追い風となり、海外での自動車販売数も増大を続けています。

国内ではトヨタが自動車販売数、売上ともに世界でトップに君臨するなど、自動車業界は依然好調です。世界的に見ても自動車市場は拡大傾向にあり、今後も国内外でさらに業績が好調に推移していくと考えられています。

自動車業界の業績推移について

  • 業界規模:68兆1,730億円
  • 平均年収:716万円
  • 平均継続年数:17年

自動車業界の業界規模は68兆1,730億円であり、国内でも最大級の規模を誇っている業界です。業界としての伸び率は高く、業界規模は拡大傾向で推移しています。日本が誇る産業の一つであり、国内だけではなく国外での活躍も期待されています。

平均年収は716万円であり、他業界と比べても高い水準です。企業ごとに若干のバラつきはあるものの、差はそれほど大きくはありません。業界全体として高い年収を獲得している人は多いです。

平均継続年数は17年であり、これも他業界と比べると高い水準にあります。継続年数も企業ごとの差はそれほど大きくはなく、長く続けている人は多いです。年収も高く、業績も好調で雇用が安定しているため、長く続けやすい環境にあると言えます。

自動車業界の細かい職種分類について

  • 研究開発
  • 企画・販売促進
  • 生産

自動車業界の職種としては研究開発、企画・販売促進、生産が挙げられます。研究開発は自動車の部品や新たな技術の研究や開発を行う職種です。自動車のパーツごとに専門家が集まり、部品ごとに開発が進められています。従来の自動車の開発だけではなく、電気自動車など次世代自動車の研究開発も行われています。

企画・販売促進は新車の企画や商品の販売計画を考える職種です。新車のコンセプトを決定したり、市場マーケティングを行い、どんな車が求められているのかなどを調査することもあります。

生産は自動車の生産や品質の管理などを行う職種です。生産計画に従って生産を進め、いかにして量産するかを考えることもあります。生産状況に合わせて生産計画の見直しなども行います。

自動車業界の志望動機を書くポイント


志望動機を作成するためには業界研究を欠かすことはできませんが、業界研究を行うだけでは就活を勝ち抜く志望動機を作成することはできません。業界研究は志望動機の基礎を作成するために必要なものであり、それだけでは就活の攻略はできませんので、書き方を工夫することが大切です。

志望動機は書き方によって印象が大きく異なりますので、ポイントを踏まえて作成する必要があります。上手な志望動機の書き方を知り、採用担当者の心を掴む志望動機を作成していきましょう。

①なぜ自動車業界なのかを明記

採用担当者の心を掴む志望動機を作成するためには、なぜ自動車業界を志望するのか、その理由を明記することが大切です。さまざまな選択肢がある中でなぜ自動車業界を志望するのか、自動車業界でなければならない理由は何かをアピールしましょう。

業界を志望する理由を伝えるためには、その業界ならではの特徴を踏まえて志望動機を語ることがポイントです。自動車業界であれば、自動車の提供を通じて人々の生活を便利にしたい、安全な自動車を提供することで、安心して自動車に乗れる環境を作りたいなどが考えられます。

どんな理由を伝える場合でも、自動車業界でしかできないことを理由に挙げ、志望動機に反映させてアピールすることが大切です。

②その中でもなぜ該当企業なのかを明記

自動車業界を志望する理由を伝えれば、その中でもなぜ該当企業を志望するのかを明記しましょう。業界の中にはさまざまな企業がありますので、数ある企業の中でなぜ該当企業を志望するのかを明らかにすることが大切です。

業界を志望する理由を伝えるだけではアピール力が弱く、選考を勝ち抜くことができません。自動車業界であれば他の企業でもいいのではないかと思われてしまうと印象が悪くなりますので、企業を志望する理由を明確に伝えましょう。

企業を志望する理由を伝えるためには、企業独自の強みや特徴を踏まえて志望動機を語ることが大切です。他にはない該当企業だけの強みを志望動機に反映させ、アピール力を高めて志望動機を伝えていきましょう。

③自分に何が貢献できるのかも明記

なぜ自動車業界を志望するのか、その中でもなぜ該当企業を志望するのかを伝えれば、そこで自分に何が貢献できるのかを明記しましょう。業界や企業を志望する理由をアピールし、仕事に対してのやる気を伝えることは大切です。

しかし熱意だけでは仕事を進めていくことはできません。仕事で活躍するためには能力が必要であり、企業は優秀な人材を求めて採用活動を行っています。志望動機ではやる気を伝えるだけではなく、採用メリットを伝えることも大切ですので、自分が企業でどのように活躍できるのかを伝えることが大切です。

自身の能力を提示し、企業でどのように活躍するのかを具体的に伝え、採用メリットを示しながら志望動機をアピールしていきましょう。

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

自動車業界の志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的に自動車業界に採用される志望動機を完成させましょう。

自動車業界の志望動機例文3選


志望動機の書き方を学べば、次は実際の就活で使用する志望動機を作成していきましょう。志望動機の作成は難しいものですので、ポイントを知るだけではなかなか書き上げることができない場合もあります。

志望動機の作成に悩んだ場合は、例文を参考にしてどのように書けばいいのか、ヒントを得ることも大切です。例文を知ることで書き方のポイントについてさらに理解が深まるだけではなく、志望動機作成のヒントが掴める場合もありますので、積極的に例文に目を通しましょう。

例文①

私は自動車を提供することで、人々の生活を便利にしたいと考え、御社を志望しました。御社は国内だけではなく、国外でも高いシェアを誇っている企業であり、自動車販売台数は世界一です。より多くの人に自動車を提供出来る環境にあり、そこで働くことで一人でも多くの人に自動車を提供し、豊かな生活を実現したいと考えています。私は大学時代に居酒屋でアルバイトをし、コミュニケーション能力を身に付けました。様々な人の意見を聞きながら、求められているものを知ることで、より素晴らしい自動車の開発に貢献したいと考えています。

例文①では自動車を提供することで、人々の生活を便利にしたいと志望動機が語られています。最初に結論から述べることで、アピールしたい内容を明確にすることができており、志望理由を印象深く伝えることができています。

また企業を志望する理由についても、企業独自の強みを踏まえて伝えることで、志望度の高さが伝わり好印象です。企業で貢献できることについても、自身の能力からどのように活躍するかが具体的に明記されており、これも好印象でしょう。

例文②

私は新しい自動車の開発によって、より安全な自動車を多くの人に提供したいと考えています。御社は次世代自動車の研究開発に強みがあり、他の企業よりも優れた技術を有しています。新技術開発のノウハウの蓄積も大きく、より先進的な環境で働き、自動車技術の開発に貢献したいと考えています。私は大学時代にバックパッカーとして世界中を旅し、様々な価値観に触れてきました。多様な価値観に触れることで培った自由な発想を活かして、御社でも新技術の開発に挑戦したいと考えています。

例文の②では新しい自動車の開発によって、より安全な自動車を提供したいと志望動機が語られています。自身の志望する職種に限定して志望動機を伝えることで、職種への志望度の高さをアピールできており好印象です。

また企業を志望する理由についても、企業独自の強みが挙げられており、企業研究ができていることをアピールできています。企業で自分が何に貢献できるか具体的にアピールされており、企業で活躍する姿がイメージしやすく、評価は高いでしょう。

例文③

私は安全な自動車を提供することで、より安心して自動車を利用してもらいたいと思い、御社を志望しました。御社は次世代自動車の開発に強みがあり、特に自動ブレーキシステムに強みがあります。御社の強みをさらに伸ばすことで、より安全な自動車を提供したいと考えています。私は大学時代に様々な資格試験に挑戦し、資格を取得する中で、挑戦することの大切さを学びました。御社でも恐れずに挑戦を続けることで、今までにない新技術の開発を目指したいと考えています。

例文③では安全な自動車を提供することで、より安心して自動車を利用してもらいたいと志望動機が語られています。志望企業の強みに触れながら志望理由を語ることで、その企業でなければならない理由をアピールできています。

また自身の能力に触れながら、企業でどのように活躍するかを具体的に伝えることで、採用メリットが示されており好印象です。様々な資格を取得していることでアピール力は上がっていますし、何事にも挑戦する姿勢がアピールできており、能力の裏付けもできています。 

自動車業界の志望動機NG例文選


志望動機の作成に行き詰まりを感じた場合は、視点を変えてNG例文を参考にしてみることもおすすめです。NG例文と自身の志望動機を見比べることで、どこが間違っているのかを知ることができますし、間違いを改善することで、より良い志望動機にしていくことができます。

志望動機は何度も見直し、改善を重ねることが大切です。NG例文も参考にしながら、自身の志望動機をしっかり見直し、志望動機をブラシュアップしていきましょう。

NG例文①

私は自動車技術の発展に貢献することで、より安全かつ便利な自動車を提供したいと考えています。日本は今や自動車大国であり、国内だけではなく、海外でも高い評価を受けている企業はたくさんあります。また国内においても多くの人が自動車を利用しています。日本は現在高齢化社会を迎えており、高齢者でも安心して使用出来る自動車の開発が急がれています。私は御社で自動運転の自動車技術に貢献し、より安全で便利な自動車を提供することで、多くの人を幸せにしたいと考えています。

NG例文の①では自動車技術の発展に貢献することで、より安全で便利な自動車を提供したいと志望動機が語られています。自動車業界を志望する理由はこれで問題ありませんが、企業を志望する理由が明確にされていないのがNGです。

例文では自動車技術の向上の必要性などは語られているものの、仕事に対しての意欲、企業への入社意欲は語られていません。また企業でどのように活躍するかについても明記されておらず、全体的にアピール力が低くNGです。

NG例文②

私は大学時代にコンビニでアルバイトをしていました。アルバイト先のコンビニは利用客はあまり多くはなく、顔見知りの常連のお客様が多くいました。私は単に業務をこなすだけではなく、常連のお客様とのコミュニケーションを意識することで、お客様に気持ち良くコンビニを利用してもらえるよう努めました。コンビニでのアルバイトの経験からコミュニケーション能力を身に付け、それを御社で活かして活躍したいと考えています。御社は次世代自動車の開発に強みがあり、その強みを伸ばすことで、実績に貢献したいと考えています。

NG例文②では大学時代にコンビニでアルバイトをしていたことが冒頭で述べられています。志望動機は最初に結論から伝えることで、アピールしたいことを強く伝えることができます。例文ではアルバイトをしていたことが強く伝わってしまい、アピール力が弱くNGです。

また企業を志望する理由は述べられているものの、業界を志望する理由は触れられていません。そもそもなぜ自動車業界を志望したのか、根本の理由が伝わっていないこともNGです。

NG例文③

私は環境に優しい次世代自動車を開発することで、環境保護に貢献したいと考えています。御社では従来の自動車だけではなく、電気や水素などのエネルギーを利用した次世代自動車の開発に強みがあります。環境に優しいそれらの自動車の開発を進めることで、環境問題を解決したいと考えています。私は大学時代にボランティア活動を行い、様々な環境保護活動を行ってきました。ボランティア活動で得た知識などを活かして、省エネで環境に優しい自動車を開発していきたいと考えています。

NG例文の③では環境に優しい次世代自動車を開発することで、環境保護に貢献したいと志望動機が語られています。環境に優しい自動車の開発を目指すことは問題ありませんが、志望動機の焦点がすべて環境保護に当てられていることが問題です。

企業でも環境の保護について考えることは大切ですが、仕事はボランティアではありません。仕事をする以上何らかの利益を追求する必要があり、環境保護のボランティアの目線だけで志望動機を語るのはNGです。

自動車業界の内定者ESを参考にする

自動車業界は、就活生からの人気も高く、競争率の高い業界です。自動車は日本が世界に誇れる産業のひとつであり、トヨタやマツダなどの企業が海外でも注目されています。そんな自動車業界の志望動機を考えるなら、過去の内定者の文章を参考にするのがおすすめといえるでしょう。

就活の未来では、自動車業界の内定者ESまとめを公開しています。自動車業界に内定をもらった学生のESがまとめられており、志望動機などについて実際にどう答えたのかを知ることができます。無料の資料となっていますので、ES対策として活用するのもおすすめです。内定者のESを参考にして、志望動機の文章をブラッシュアップしていきましょう。

自動車業界の志望動機をマスターして選考面接を有利に


日本の自動車業界は国内だけではなく、国外でも注目を集めている業界であり、就活生からの人気も高いです。人気の業界で就活を成功させるためには、志望動機を工夫して書き上げることが大切です。

志望動機は書き方一つで与えられる印象が大きく異なりますので、上手な書き方のポイントを知って志望動機を作成していきましょう。志望動機は書類選考だけではなく、面接でも使用する大切なものですので、しっかりと時間をかけ、丁寧に書き上げることが大切です。

採用担当者の印象の残る志望動機を作成することで、就活を有利に進めることができます。上手な志望動機の書き方をマスターして、人気の高い自動車業界での就活を成功させていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ