内定について

【内定をもらったら何をすべきか】とるべき行動や入社までにしておくことなどをご紹介!

内定をもらったら一番初めに何をする?

就職活動は内定を目指して行うものです。そのため、いざ内定を獲得することができると気が抜けてしまい、一気にだらけてしまう就活生も多くいます。もちろん気を張り詰めて就職活動を行っていたこともありますので、その分ゆっくり過ごしたくなる気持ちはわかります。しかし内定後も意外とやるべきことが多いのです。

この記事では、内定をもらった後に取るべき行動や入社までにしておくことを解説していきます。内定獲得後もずっと気を張り詰めていないといけないわけではありません。やるべきことをやらずにリラックスしてしまうことが問題なのです。やるべきことをしっかりと行い、その上で残りの学生生活を充実したものにすることが出来るようにしましょう。

内定をもらった後にとるべき行動

まずは内定をもらった後に取るべき行動について解説していきます。内定をもらい、その企業への入社を決めたのであれば、内定期間中であれ、自分の一挙手一投足が担当者に評価されることになります。内定後、気が抜けてしまっていたが為に提出すべき書類を提出し忘れてしまうなど、評価を下げてしまう行動をすると、入社後の評価にも悪影響を与えてしまう可能性があるのです。以下の解説にしっかりと目を通し、内定後に取るべき行動を覚えておくようにしましょう。

入社までのスケジュールを確認する

内定をもらった後に取るべき行動として、まず入社までのスケジュールを確認することが挙げられます。内定を獲得してから実際に入社するまでの間には、内定式や健康診断、社会人としての基礎を学ぶための研修、同期との交流を図る懇親会など、さまざまなイベントが行われます。それらのイベントがいつ行われるのか、その出欠の連絡はいつまでに、どのように行えば良いのかを確認しておくことが大切です。

しっかりと把握しておかなければ、学業との両立が難しくなってしまう恐れがあります。また出欠連絡について把握していなかったために、期日までに連絡を行えず、担当者に迷惑をかけてしまう可能性もあるのです。入社までのスケジュールを把握しておかなければ、結局自分の首を絞めることになってしまうのです。

内定書や承諾書へ返信する

内定をもらった後に取るべき行動として、内定書や承諾書へ返信することも挙げられます。内定を得ることが出来た際、一般的に内定通知書や内定承諾書を書面で企業からもらうことになります。内定通知書や内定承諾書は自身の入社する意思を企業に表明する重要な書類です。「面倒だな」と思いながら気の抜けた状態で記入するべきものではなく、「これからこの企業で働くのだ」という決意を込めて作成するべき書面なのです。

内定書や承諾書にも当然のごとく、提出期限が設けられています。期限ぎりぎりになってバタバタと対応してしまうと、書類の作成においてミスが生じてしまう恐れがあります。そのようなことのないよう、期日をしっかりと把握して、早め早めに対応することが重要なのです。

内定通知のお礼状を書く

内定をもらった後に取るべき行動として、内定通知のお礼状を作成することも挙げられます。「お礼状の作成は必ず行わなければならないの?」と疑問に思う就活生もいることでしょう。もちろんお礼状の作成は必ずしなければならないことではありません。作成しなかったからといって、企業からの評価が落ちてしまうようなこともないです。しかし作成することで、自分の評価を良いものにすることは可能になるのです。

お礼状を書くことで、担当者も「このような誠実な対応が出来るなんて、やっぱり採用して良かった」と思ってくれる可能性があります。お礼状は正しいマナーで作成することが必要であるため、作成するのに際し、手間と時間がかかってしまうでしょう。しかし、作成することによるメリットは必ずあるのです。

複数の企業から内定をもらったら

就職活動において内定をもらう企業は1社とは限りません。幸運なことに複数の企業から内定をもらうことが出来る可能性もあります。そんな時、「内定を複数もらえたのは良いけれど、どうすればよいのかわからない」と悩む就活生もいるでしょう。ここでは複数の企業から内定をもらったときの対処法について解説していきます。自身にとって最適な進路を選択し、かつ失礼のなく辞退の連絡を行えるよう、しっかりと把握しておくようにしましょう。

どこに入社したいのか自分の気持ちを決める

複数の企業から内定を獲得した場合、まずはどこに入社したいのか自分の気持ちを決めるようにしましょう。多くの面接を経て内定まで辿り着いているので、内定先についてはどの企業も魅力を感じていることでしょう。しかし入社できる企業は1社のみです。その中で自身に最も適した企業を選ばなければならないのです。「ゆっくり時間をかけて考えたい」という就活生もいるでしょう。

しかしあまり長い時間をかけるわけにはいきません。内定を辞退された企業は、不足した人材の穴埋めを行わなければならなくなります。出来るだけ早めに決断し、企業にかけてしまう迷惑を軽減できるようにするべきなのです。自身の就職活動における軸を再度見つめ直し、自分が最も望む企業をなるべく早く選ぶようにしましょう。

内定辞退の場合は企業へ早めの連絡を

複数の企業から内定をもらった場合、内定辞退の連絡も行わなければならなくなります。その場合、内定辞退の連絡は出来る限り早めに行うようにしましょう。企業は採用活動へ取り組むにあたり、採用予定人数を設けて活動を行っています。そのため自分が辞退することで、代わりの人材を他の候補者の中から確保しなければならなくなるのです。辞退の連絡が遅れるとその分、代わりの人材の確保が難しくなります。

辞退という形でただでさえ迷惑をかけてしまうのです。その点に配慮し、早めの連絡を行うことがマナーとなります。そのような観点から、内定辞退の連絡は、スピーディーに用件を伝えることの出来る電話が望ましいと言えるでしょう。また誠意を見せるために電話で連絡した後、手紙で再度お詫びの言葉を述べるなどの対応も重要になります。

入社までにしておくこと

企業から内定をもらい、入社するまでの間、それなりに期間があることが多いです。「入社までの期間をどう過ごすのが良いのだろう」と考える就活生も多くいることでしょう。ここでは内定者が入社までにしておくべきことを2つ挙げ、それぞれ解説していきます。内定期間中の過ごし方次第で、社会人としてのスタートダッシュをしっかりと行うことが出来るようになります。しっかりと理解し、内定期間を有意義なものにするようにしましょう。

社会人になる自覚をもつ

入社までにしておくことの1つ目として、社会人になる自覚を持つことが挙げられます。学生から社会人への変化は非常に大きいものです。社会人になると、学生の頃には考えられなかったような重い責任を負い、仕事を行うようになります。自分の行動で目の前の人の人生が大きく変わることも往々にしてあるのです。

そのため社会人として働いていくにあたっては、そのような大きな責任を負い、企業や社会へ貢献するという気持ちを持つことが重要になるのです。学生だからといって羽目を外した言動に興じていてはいけません。内定期間中であっても企業の看板を背負っていますので、社会人としての自覚を持ち、節度ある行動を心がけるようにしてください。

学生としての最後の務めを果たす

学生としての最後の務めを果たすことも重要なことになります。内定に浮かれ、授業をさぼり、結果単位を落としてしまうようなことがあってはいけません。万が一留年になってしまうようなことがあれば、内定取り消しとなる可能性が高いのです。企業は年度末に卒業することを前提に内定を与えています。その前提が変わってしまうのであれば、内定が取り消されてしまっても何も不思議ではないのです。

学生生活最後の期間なので、もちろん友人との思い出作りに励むことも重要なことです。しかしそのために内定が取り消され、社会人になれなくなってしまっては本末転倒です。無事に卒業するという勤めをしっかりと果たし、きちんと社会人になれるようにしておきましょう。

【おすすめバイト】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは今おすすめの仕事!メリット・デメリット・評判について徹底解説 

内定後から入社までは学業と入社準備で慌ただしい

ここまで内定後に取るべき行動と、入社までにしておくべきことについて解説してきました。内定後から入社までの間、残りの学生生活を謳歌したいと思う学生も多いでしょう。それはそれで重要なことですが、これまで見てきたように、内定後から入社までやらなければならないことは意外と多いのです。特に卒業に向けての単位がまだ確保できていない学生にとって、入社に向けた準備と並行して学業もしっかりと行わなければならなくなります。

どちらか一方に偏り、どちらかが疎かになると、結果、自分の首を絞めることになってしまいます。学業も入社準備もしっかりとこなし、気持ちよく社会人になるに越したことはありません。最後まで気を抜かず、学生生活を充実させるようにしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ