業界研究

【アパレル業界の志望動機】高評価を得るポイントを例文付きで解説

アパレル業界とは

アパレルは人気の業界です。華やかなイメージから就職したいと考える人は多いでしょう。アパレル業界への就職を目指すのであれば、どのような業界なのかを正しく理解しておくことが大切です。

また、選考の対策を念入りにおこなうことは重要です。とくに志望動機は、事前に考えておかなければなりません。志望動機はその業界、企業を志望する理由を伝えるものであり、就職意欲の高さを伝えるための大切なアピールポイントです。

志望動機を考えるには業界への理解を深めておく必要があり、アパレル業界について詳しく把握しておかなければなりません。志望動機によって、選考の結果は左右されやすいです。業界について正しく知り、評価される志望動機を作成しましょう。

下記の記事では、アパレル業界の売上ランキングを紹介しております。

アパレル業界の主な職種と業務内容

・ファッションデザイナー:服のデザインや企画をする仕事
・パタンナー:デザイン画を型紙に起こす仕事
・バイヤー:買い付けをする仕事
・プレス:商品のPRをする仕事
・販売員:商品を売る仕事
・MD:企画から販売までのまとめ役の仕事

アパレル業界にはさまざまな職種があるため、職種ごとの業務内容を知っておきましょう。ファッションデザイナーは、服のデザインや企画に携わる仕事です。どのような服を作るのか、大元となる設計図を作成する仕事と考えましょう。

パタンナーはファッションデザイナーが考えたデザインを、型紙に起こして生産できるようにする仕事です。バイヤーは買い付けの仕事であり、国内外さまざまな場所で売れる商品をみつけます。プレスは商品のアピールをおこなう仕事であり、広報をイメージするとわかりやすいでしょう。

販売員は実際に店頭で商品を売る仕事であり、新卒入社は販売員スタートが多いです。MDはマーチャンダイザーと呼ばれる仕事で、商品企画や販売などのまとめ役として機能します。

アパレル業界の営業職については、下記の記事で解説しております。

アパレル業界の志望動機で書くべきこと

アパレル業界への就職を目指すのであれば、志望動機は念入りに考えておかなければなりません。アパレル業界では、志望動機からそのブランドへの思いや熱意が評価されるためです。

志望動機には書くべきことが多数あるため、これを知っておきましょう。ポイントを押さえて志望動機を作成することが、選考で評価される秘訣です。アパレル業界の志望動機で書くべき内容を知り、選考での高評価を目指しましょう。

アパレル業界の志望動機の書き方は、下記の記事でも解説しております。

アパレル業界を志望する理由

まずはなぜアパレル業界を志望するのか、業界への志望理由を述べることが大切です。アパレル業界になぜ魅力を感じたのか、志望しようと思ったきっかけは何かなどを、志望動機で述べておきましょう。

業界への志望理由を述べることで、就職したい根本的な理由を伝えられます。新卒ではさまざまな業界への就職が可能です。そのためアパレル業界ならではの志望理由を述べていないと、他の業界でもよいのではないかと思われてしまいます。その結果、熱意や意欲が伝わらないでしょう。

他の業界ではなく、アパレル業界でなければならない理由を志望動機の中でアピールしておきましょう。

アパレル業界について、下記の記事で詳しく解説しております。

そのブランドで働きたい理由

志望動機では志望先の企業、アパレル業界ならそのブランドで働きたい理由を述べることも大切です。業界全体の志望動機だけでは、アパレル業界ならどのブランドでもよいのではないかと疑われてしまいます。

他ブランドでもよいと思われてしまうと、就職意欲が低いと判断され、マイナス評価になることも少なくありません。そのブランドだからこそ志望した理由を提示するには、他のブランドにはない魅力やそのブランドならではの特徴を踏まえてアピールすることが大切です。

他社との違いを明確にした志望動機を作成することで、選考でも高評価を受けやすくなります。他社との差別化は非常に重要なポイントであるため、そのブランドだからこそ働きたい理由を志望動機で述べておきましょう。

下記の記事では、アパレル業界の売上高ランキングを紹介しております。

入社後に実現したいこと

志望動機ではそのブランドに就職したい理由を述べるだけではなく、入社後にどのようなことをしたいかも伝えましょう。就職意欲の高さをアピールすることは大切ですが、企業は自社で働き、活躍できる人材を求めています。

そのため、就職することで企業側にどのようなメリットがあるのかは、志望動機でアピールしておくことが大切です。就職したらどのように働きたいのか、仕事をするうえでの目標はなにかを、志望動機の最後にまとめとしてアピールしておきましょう。

どのように働くかを提示することでキャリアプランを持っていることも伝わります。そのブランドで長く働き、活躍したいという意欲も伝えられるため、入社後に実現したいことを志望動機に含めましょう。

下記の記事では、アパレル業界の面接における頻出質問を紹介しております。

アパレル業界の志望動機のポイント

志望動機で高評価を得るには、いくつかのポイントを押さえて考えることが大切です。ポイントを踏まえて志望動機を作成することで、分かりやすく説得力のある文章が作成できます。また、アパレル業界ならではのポイントもあるため、それらを理解しておく必要があります。

ここでは、アパレル業界の志望動機を考える際のポイントを4つ紹介します。高評価を得るためにも、細かい点まで理解を深めましょう。

下記の記事では、志望動機の構成を考える際のコツを紹介しております。

結論から述べる

志望動機では最初に結論を伝えることが大切です。結論を後回しにしてしまうと、なぜアパレル業界に就職したいと考えているのか、そのブランドを志望する理由がなにかが伝わりづらくなってしまいます。

最初に結論を提示することで、志望動機で何を伝えたいのかが明確になります。また、結論の後に解説を入れることで、話に説得力を持たせることができます。その結果、就職意欲の高さもアピールしやすくなるでしょう。結論を述べずに話し出してしまうと、最後までなにが言いたいのかわからないと判断されることもあります

就活のアピールでは結論ファーストで伝えることが大切です。志望動機も構成を意識して、冒頭で結論を述べるように意識しましょう。

下記の記事で、志望動機の書き出しを魅力的にするポイントを紹介しております。ぜひ参考にしてください。

具体的なエピソードを述べる

志望動機には説得力を持たせることが大切であるため、志望する理由に裏付けとなる根拠を提示しましょう。根拠として伝える内容は、エピソードにすることがおすすめです。

どのような経験からアパレル業界に就職したいと思ったのかを伝えましょう。過去にそのブランドの服を買ったことがある、接客を受けたことがあるなど、そのブランドに関係するエピソードが好ましいです。エピソードを付け加えることで、志望度の高さに説得力を持たせられるため、評価もされやすくなります

また、エピソードは人それぞれ違うため、ここが個性をアピールできるポイントでもあります。どのようなエピソードを述べるかで、与えられる印象が変わることも理解しておきましょう。

志望動機の作り方のポイントを、下記の記事で解説しております。

ブランドに感じる魅力を伝える

志望度の高さをアピールするには、そのブランドのどこに魅力を感じているのかも伝えておきましょう。自分が感じているブランドの魅力を伝えることで、いかにその企業に就職したいのかをアピールできます。

ブランドの魅力を伝えるには、他社との差別化が必要です。ブランドの魅力をどのように感じているかを詳細まで伝えることで、企業研究ができていることもアピールできます

入念な企業研究ができているということは、ブランドへの興味関心が高いということです。就職意欲も高いと評価されるでしょう。まずは企業研究で他社にはないブランドの魅力を深掘りし、志望動機に盛り込むとよいです。

志望動機に企業理念への共感を盛り込む際のポイントを、下記の記事で解説しております。

働くうえで自分の長所をどのように活かせるかを伝える

志望動機では、入社への意欲だけではなく、自分自身の採用メリットをアピールすることも大切です。そのため、自分の長所がどのようなものかを提示し、これによっていかに仕事で活躍できるのかを述べましょう。

長所の活かし方をアピールすることで、企業は採用メリットを感じやすくなり、高評価を受けられる可能性も高くなります。また、自分の魅力を企業に活かせることを把握できていると、自己分析ができている、企業理解ができているといった評価も受けられるでしょう。

企業は自社で活躍できる人材を採用したいと考えているため、応募者の長所が仕事で活かせるかどうかを重要視しています。長所は簡潔に伝え、それを活かした仕事での活躍方法は具体的に述べましょう。

下記の記事では、志望動機で将来性をアピールするための方法を紹介しております。

アパレル業界の志望動機の例文

志望動機の作成は、ポイントを知るだけではなく、実際の例文を参考にしてみることもおすすめです。例文を知っておくことで、どのような内容、構成でアピールするとよいのかがわかり、作成した志望動機のブラッシュアップもしやすくなります。

また、自身が作成した志望動機に間違いはないか、失敗している部分はないかをチェックすることもできます。例文を参考に志望動機への理解をさらに深め、選考の対策に役立てましょう。

アパレル業界の志望動機の例文は、下記の記事でも紹介しております。

例文①アルバイトの経験を交えた志望動機

私は幼いころから、おしゃれをすることが好きです。その楽しみをより多くの人に提供したいと考え、アパレル業界を志望しました。
貴社は全年齢層に向けた商品展開が強みです。そのため、年齢に関係なく利用しやすいことが魅力のひとつです。私自身も両親と祖父母で一緒に買い物に行き、お互いに服を選び合うなど、楽しい思い出がたくさんあります。この喜びは多くの人に伝えたいと思っています。
大学時代は貴社の○○店で働き、ブランドについての理解を深めました。就職後は販売員として商品のおすすめポイントを念入りに伝えることで、業績アップに貢献したいと考えています。

例文①では、実際に志望先の店舗を利用したことがあり、かつアルバイトもしていたことが述べられています。過去の経験からブランドとの関連性を述べることで、その企業だからこそ志望した理由を、強くアピールできているでしょう。

下記の記事では、アパレル業界を志望する人向けに自己PRの作成方法を紹介しております。

例文②実際に商品を利用した経験を交えた志望動機

ファッションを楽しむことで、より多くの人にハリのある生活を送ってもらいたいと思い、アパレル業界を志望しました。
貴社は、日常でも着られるハイブランドという位置づけです。少し贅沢をしたい、ちょっとした自分へのご褒美に買いたいと思う商品が多いです。実際に店舗で買い物をした際にも、スタッフの方に頑張った自分へのご褒美としておすすめの商品を紹介して頂いたことがあります。購入したものを着用すると、ささやかな幸せを実感することができました。
大学ではボランティアサークルに所属しており、人助けを通じてコミュニケーション能力を磨きました。貴社では販売員としてお客様ひとりひとりに合った接客をすることで、おしゃれの喜びを知ってもらいながら、売り上げに貢献したいと考えています。

例文②では、志望先のブランドの特徴を捉えた志望動機となっています。その企業ならではの特徴や魅力を詳細に伝えることで、志望度の高さをアピールできるでしょう。入社後どのように貢献していけるのかを、具体的に伝えることも大切です。

下記の記事では、アパレル業界の自己PRのポイントを解説しております。

アパレル業界の志望動機では具体性を持たせることで熱意を伝えよう

アパレル業界を志望するなら、志望動機は念入りに作成することが大切です。どのような志望動機をアピールするかによって、受けられる評価は異なります。

志望動機で高評価を得るには、具体性を持たせることを意識して作成する必要があります。アパレル業界やそのブランドを選んだ理由はもちろん、エピソードを盛り込むことで具体的な内容にしましょう。具体的な志望動機を作成することで、説得力が生まれ、高評価を得やすくなります。

志望動機ではその企業への入社意欲はもちろん、就職してからどのように働きたいかを伝えることも大切です。人気のアパレル業界に就職するためにも、志望動機の作成ポイントは詳細までチェックして、評価される内容を考えましょう。

アパレル業界における就活事情を、下記の記事で解説しております。ぜひ参考にしてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ