面接対策

【就活で顔採用はあるのか】顔がいい人が選考で評価される理由

就活で顔採用があるのは事実

「就活では顔採用がある」という噂を聞いたことがある人は多いでしょう。本当に容姿が選考に関係するのか、気になっている就活生は少なくありません。

結論からいえば、就活では顔採用があります。実際に顔採用したことがあるという企業も少なくないため、見た目の印象は選考での評価につながっていることを理解しておきましょう。ただし、実際の顔採用は就活生がイメージしているものとは異なる場合があります。そのため、企業がどのような考えで採用しているのかは知っておくことが大切です。

顔採用とは、単にイケメンや美人が選考で有利になるというものではありません。就活における顔採用の実態を知り、どのような観点から評価されているのかなど、企業がみているポイントを把握しておきましょう。

顔採用については、下記の記事で紹介しております。

企業が顔採用をする理由

まずはなぜ企業が顔採用をするのか、その理由や目的を知っておきましょう。選考での評価基準はさまざまあり、顔採用はその基準のひとつといえます。選考での評価基準は企業で活躍できる人、自社の利益に貢献できる人という点を前提に決められており、顔採用でもこれは同じです。

つまり、顔がいいことで自社の利益につながり、仕事で活躍できると考えられているからこそ、企業は顔採用をしています。実際に仕事をするうえで顔がいいと何が起きるのか、この点から顔採用をおこなう理由について知っていきましょう。

企業が顔採用をする理由については、下記の記事でも解説しております。

見た目がいい人はコミュニケーション能力に優れている

企業が顔採用をする理由としては、見た目がいい人はコミュニケーション能力が優れている可能性が高いと判断するためです。コミュニケーション能力は仕事を進めるための重要な能力であり、チームと協力することはもちろん、社外の人との関係を円満に築くためにも必要です。

見た目がいい人は周囲に人が集まることが多く、これによって日常的なコミュニケーションに慣れていることも少なくありません。人と接する機会が多くなりやすいことから、コミュニケーション能力が鍛えられており、仕事でも活躍できると判断されます

もちろん、見た目がいい人の全員がコミュニケーション能力が高いとは限りません。しかしコミュニケーション能力が高い傾向にあると考えられていることは理解しておきましょう。

下記の記事で、コミュニケーション能力が向上する方法を解説しております。

社内が華やかになり社員のモチベーションが上がる

顔採用によって見た目のいい人が入社すると、社内が華やかになるというメリットがあります。社内が華やぎ明るい雰囲気になることで、社員のモチベーションアップにつながるでしょう。そのため、積極的に顔採用をする企業も少なくありません。

社員のモチベーションが低いと、仕事の効率が悪くなったりミスが増えたりしてしまいます。社員のモチベーションアップや維持は、企業にとって重要な問題といえます。モチベーションを上げるための要素に、社内の雰囲気があるでしょう。

職場の雰囲気はそこにどのような人がいるかによって変わるため、暗い人よりは華やかで明るい人にいてほしいと考えることは、自然な発想といえます。

顔採用に負けないために、まずは身だしなみを整えましょう。リクルートスーツの選び方を、下記の記事でも解説しております。

顔のよさが仕事をするうえで武器になる

顔のよさが仕事での武器となることもあります。自社利益につながる可能性があることから、顔採用をおこなう企業は少なくありません。

顔がいい人は、対峙している人に好印象を与えやすいです。つまり、営業職など社外の人と接する機会が多い仕事なら、取引先の担当者に好印象を与えやすく、仕事の成功につながる場合もあるでしょう。もちろん、顔がいいだけでビジネスのすべてが上手くいくとは限りませんが、好印象が与えられることで、交渉ごとを有利に進めやすいことは確かです。

人から見られる仕事や、社外の人と接する機会が多い仕事では、顔のよさは大きな武器となります。入社してから仕事を覚えていくと、自社のエースとして活躍できると見込み、顔採用をする企業もあるでしょう。

下記の記事では、証明写真で顔の印象をよくする方法を紹介しております。

顔採用される人は顔が整っているだけではない

顔採用と考えると、顔が整っている人が選考で有利になりやすいとイメージされがちですが、これは間違いです。確かに美人やイケメンは面接官にも好印象を与えやすく、これによって選考が有利に進むケースもあります。

しかし、企業が考える顔採用とは、単純に美人やイケメンを優遇するものではありません雰囲気のよさや清潔感なども総合して判断しています。そのため、顔採用は誰にでも該当する可能性があり、雰囲気のよさが選考での評価につながるケースもあることを理解しておきましょう。

また、美人やイケメン全員が選考で有利になるとも限りません。印象次第では、顔がいい人もマイナス評価になる場合があるため、この点には注意が必要です。

下記の記事では、好印象を与えるメイク術を紹介しております。

顔採用される人の条件

就活における顔採用とは、単純に美人やイケメンを優遇するものではありません。そのため、企業が考える顔採用とは、実際にどのような基準で考えられているのかを知っておくことが大切です。

顔採用をされる人には一定の条件があり、これを満たしているかどうかが重要です。就活生と企業では物事の捉え方が違っていることも多く、顔採用の考え方が異なることも少なくありません。企業が考える顔採用について知り、どのような人が顔採用されるのかを把握しておきましょう。

下記の記事を参考に、服装のマナーも確認しておきましょう。

清潔感がある

清潔感があって好印象を与えやすい人は、顔採用をされる傾向にあります。働くうえで印象は非常に重要であり、いかに相手に不快な思いをさせないかは大切なポイントです。

清潔感のない人だと、話しているだけで相手を不快にさせてしまい、関係性が崩れることもあります。また、そもそも近づきたくないと思われてしまい、コミュニケーションを取る以前の段階でつまづいてしまうこともあるでしょう。

人との関係性を円滑に構築するには清潔感は重要であり、これがないと顔がいい人であってもマイナスの印象を与えてしまいます。顔が整っているかどうかではなく、清潔感でその人の印象は変わり、採用の結果が違ってくる場合もあることは理解しておきましょう。

清潔感のある髪型にするポイントを、下記の記事で紹介しております。

表情が明るい

表情の明るさも、顔採用をする際の基準のひとつとなります。職場にいる人が明るい表情で働いていると、社内の空気が華やぎ、周囲の人も引っ張られるように明るくなりやすいです。つまり、雰囲気が華やいで仕事へのモチベーションがアップすることも多いため、明るい表情で元気のいい人は高評価を得やすいです。

表情が暗かったり、声が小さく元気がなかったりすると、それだけでマイナスの印象を持たれてしまうことも少なくありません。顔がよくても表情が暗いと印象が悪くなり、評価を下げられる場合もあります

表情はその人の印象を大きく左右する重要な部分であるため、好印象を与えるには、明るく元気に振る舞うことが大切です。

下記の記事では、笑顔の練習方法を紹介しております。ぜひ参考にしてください。

顔採用が積極的に取り入れられている業界もある

・航空業界
・アパレル業界
・美容業界
・マスコミ業界
・広告業界

清潔感や表情の明るさだけではなく、容姿が重要視されることもあります。とくに上記の業界では、いわゆる美人やイケメンが選考で有利になりやすいです。

これらの業界では見た目が重視されており、航空業界ならキャビンアテンダントが、アパレル業界ならショップ店員などの職種が、顔採用をされる傾向にあります。美容業界も店頭に立つ人や営業担当者などは、容姿が重要視されることが多いです。

マスコミ業界や広告業界も、人の目に触れる機会が多いため、容姿の優れた人を採用することがあるでしょう。他にも受付など人と対面することが多い仕事では、積極的に顔採用をされる場合があります。

顔採用が多い業界は、下記の記事でも紹介しております。

顔採用に負けないための対策

就活では顔採用があることは事実であるため、これに負けないように対策しておくことが大切です。顔採用をしているとはいえ、容姿だけが評価のすべてになるわけではありません。そのため、高評価を獲得できるように備えておきましょう。

選考で評価されるには、いかに事前準備を徹底できるかがポイントとなります。顔採用に負けないためにも、選考の対策は念入りにおこないましょう。

身だしなみを整える

見た目の印象は評価を左右する重要なポイントであるため、清潔感が演出できるように、身だしなみはきちんと整えておきましょう。面接では全身の身だしなみがチェックされており、これが第一印象を大きく左右します

スーツを正しく着用することはもちろん、シャツやズボンにしわや汚れがないか、カバンや靴などの小物はスーツに合っているかを確認しておくことが大切です。また、髪色や髪型なども評価の対象です。男性なら黒髪で短髪、女性なら黒髪で長い場合はまとめるなどして、邪魔にならないようにしておきましょう。

身だしなみは一部でも整えられていないと、印象が悪くなります。そのため、細部までチェックして、清潔感をアピールできるようにしておきましょう。

就活での服装マナーについては、下記の記事を参考にしてください。

正しい姿勢と堂々とした立ち振る舞いを心がける

面接で好印象を与えるには、姿勢を正して堂々と振る舞うことが大切です。姿勢が悪いとそれだけで暗い雰囲気にみえてしまい、印象が悪くなることも少なくありません。

とくに猫背になっていると、暗いだけではなくだらしない印象も与えてしまうことがあるため注意しましょう。また、自信を持って堂々と振る舞うことも重要です。自信がなさそうにみえると、アピールしている内容に説得力がなくなってしまいます。

同じ内容でアピールしていても、自信があるかどうかで与えられる印象は違ってきます。はきはきとした声で話すと、堂々としている印象を与えることができ、評価もされやすくなるでしょう。

面接での話し方や聞く姿勢のポイントを、下記の記事で紹介しております。

明るく笑顔で臨む

面接でどのような印象を与えられるかは、表情によっても変わります。好印象を与えるには、明るく笑顔で臨むことが大切であるため、意識的に笑顔を作るようにしましょう。

面接は緊張しやすく、普段は笑顔で振る舞える人でも、表情が固まってしまうことは少なくありません。慣れないうちはとくに笑顔を意識してみましょう。笑顔で面接に臨むことで、明るい印象を与えることができ、一緒に働いてみたいと評価されることもあります

笑顔が魅力的な人は、人とのコミュニケーションに優れているだろうと思われることも多いです。表情によって与え得る印象が変わるため、面接には笑顔を意識して臨みましょう。

下記の記事で、緊張を和らげる方法を紹介しております。面接で緊張しすぎてしまうという人は、ぜひ実践してみてください。

WEB面接では写り方にこだわることも大切

最近は、オンライン選考を導入する企業も増えています。WEB面接では印象が伝わりづらいため、より顔採用の要素が強くなるのではないかと不安になっている人もいるでしょう。

WEB面接では、画面への写り方にこだわることで、顔採用への対策をおこないましょう。オンラインの場合、画面の明るさだけでも、相手へ与える印象が変わってきます。自分の表情が伝わるように明るい場所を選び、顔が見切れないように確認しておくことも大切です

綺麗に写るためには、質のよいカメラやマイクを用意しておくことも方法のひとつです。また、オンラインでは環境によって音声が聞き取りづらくなってしまう場合があります。声がしっかりと届くように、普段より大きめの声で話すことを心がけましょう。

また、証明写真で印象のよい表情をつくることも大切です。自然な表情の作り方は、下記の記事を参考にしてください。

顔がよくても落とされることはある

就活で顔採用があることは確かですが、顔がいいからといって、すべての選考に合格するわけではありません。顔がよくても面接の対策をしていなければ不合格になることは多いため、この点は理解しておきましょう。

見た目重視で採用を決める業界もありますが、顔採用をしない業界もあります。見た目よりも自社で活躍できるか、仕事をするうえでの十分なスキルがあるかなどをチェックしているため、面接の対策は念入りにおこなわなければなりません。

面接で失敗しないためにも事前の対策は必須であり、身だしなみを整えたり、頻出の質問の回答を考えたりすることは重要です。顔がよくても落ちるという事実は頭に入れておき、完全に容姿だけで合否が決まるわけでないことは理解しておきましょう。

下記の記事では、スーツに合うメイク術を紹介しております。

就活の顔採用に打ち勝つために清潔感や表情に気を配ろう

就活では顔採用を積極的におこなう業界や企業があり、容姿が優れていることが選考でのプラス評価につながることもあります。しかし、顔採用があるからといって、容姿が優れている人だけが内定をもらえるわけではありません。

合否を決める際には、能力や人柄がその企業に合っているかどうかも重要視されます。そのため、事前の対策を念入りにおこなうことで、顔採用に打ち勝つことは可能です。選考では容姿が優れているかどうかだけではなく、身だしなみもみられています。

つまり、見た目の印象は顔採用の有無に関係なく重要であるため、清潔感を意識しておくことが大切です。表情によっても与えられる印象は異なるため、明るい表情を意識して、顔採用をする企業の選考でも内定を目指しましょう。

下記の記事では、就活メイク講座を実施している企業を紹介しております。参考にしてみてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ