履歴書

セールスポイントを履歴書でアピールする際の書き方と例文

履歴書でセールスポイントを記入する前に

セールスポイントを履歴書でアピールする際には、記入する前にいくつかのことを考えておかなければなりません。就活では自分を知ってもらい、売り込んでいくことが大切ですので、セールスポイントは内容をしっかりと練り上げて履歴書に記入する必要があります。

しかしそれだけではなく、そもそもセールスポイントとは何かを正しく知っておくことも大切です。履歴書では自身を売り込むための項目として、セールスポイント以外に長所や特技などもありますし、それらとの違いも知っておかなければなりません。

セールスポイントは自身を売り込んでいくものですので、アピールの説得力も必要になるなど、注意点がたくさんありますので、それらを正しく理解しておきましょう。

セールスポイントとは?

履歴書に書けるセールスポイントを考えるためには、そもそもセールスポイントとは何かを知っておく必要があります。履歴書では長所や特技を記入する項目がありますが、セールスポイントはそれらとは違っています。

長所は自身が考える自分の魅力や特徴的な能力であり、特技は自分が得意だと思っていることを指すもので、セールスポイントは、会社にメリットをもたらすかどうかという意味があります。これらは同じように考えられがちですが、意味は異なりますので、それぞれの違いを正しく理解しておきましょう。

セールスポイントの例

履歴書でのセールスポイントを考えようと思っても、何がセールスポイントとして使えるのか分からない人は多いです。セールスポイントは会社にメリットをもたらすかどうかになるので、志望する企業によってアピールできるものは違っています。

そのため企業が求める能力をアピールすることが大切ではありますが、社会人に必要な能力はある程度共通していることも多いため、それらであればアピールは可能です。セールスポイントの例から、どのようなものがアピールできるのかを考えていきましょう。

性格や体力

就活で使えるセールスポイントとしては、性格や体力などに関係したものがおすすめです。就活では人柄が見られていることも多いので、自身の性格をアピールすることができるものであれば、評価の対象にもなりやすいです。また仕事によっては体力が必要なものも多いですし、体力があれば長時間の仕事であっても集中力を持続して業務に取り組むことができます。

性格や体力をアピールするセールスポイントの例としては、笑顔や責任感や気配り、コミュニケーション、リーダーシップなどが挙げられます。これらは基本的にはどのような業界や企業でも、役立てることができる能力です。幅広くアピールできるセールスポイントですので、一つのアピールを考えれば、多くの企業の就活で役立てることができます。

スキル

セールスポイントとしては、明確なスキルをアピールすることもおすすめです。業務に必要なスキルをアピールすることで、即戦力として働けることをイメージさせることができますし、仕事に役立つ能力を持っていることで高評価にもなりやすいです。スキルにおけるセールスポイントの例としては、語学力やパソコンスキルなどが挙げられますので、これらのスキルを身に付けているのであれば、積極的にアピールしていきましょう。

最近では多くの業界や企業で、語学力が求められることも多く、語学のスキルは、重宝されることも多いです。またIT化が進んだことで、ほとんどの業界でパソコンを使って仕事をしますので、パソコンスキルも同じように高評価が得やすいといえます。

セールスポイントの見つけ方

自分にはセールスポイントがないと悩む人も多いですが、それは探し方次第でいくらでも見つけることができます。

セールスポイントを見つけるためには、自己分析→長所や特技を書きだす+志望業界や職種で活かせそうな長所→セールスポイントという順番で考えるといいでしょう。自己分析と企業研究をおこなえば、セールスポイントは必ず見つけることができますので、諦めずに徹底的に分析をすることが大切です。

ステップ①自己分析

最初にやらなくてはならないことは自己分析です。自分がどのような性格や特徴、特技を持っているかを自分自身で理解していなければ、上手なセールスポイントを書くことはできません。自分はどのような性格をしているか、どんな特技を持っているかを把握し、自分の強みを明確にした上で、面接官に対して分かりやすいアピールをする必要があるのです。

自己分析の方法としては、過去の経験を紙に書き出して深堀りする方法があります。ひとつテーマを決めて、「なぜ?」という質問を繰り返しながら、自分がどういった価値観を一番大切にしているのか考えていましょう。例えば、今まで頑張ってきた経験というテーマで深堀りしていくと、自分がどういった動機を元に行動しているかなど、今まで気付いていなかった価値観が分かるようになります。

36の質問に答えて自己分析をしよう

自己分析をいざ始めようと思っても、何を参考にすればいいのかや準備するものは何かなどが気になって、すぐに行動に移せないことが多いです。今すぐできたら、その時間が省けますよね。そこでおすすめなのが「自己分析マニュアル」です。

このマニュアルを使えば、質問に答えるだけで自分のパーソナリティタイプが診断できます。技術者タイプやクリエータータイプ、実務家タイプなどがありますが、あなたはどのタイプでしょうか?無料でダウンロードできるため、すでに自己分析が終わっているけどさらに深めたいという就活生にもおすすめです。

ステップ②他己分析

他己分析をするために一緒に就活などをしている友人や家族に協力してもらうという方法もあります。兄弟などに他の人に「私を紹介する場合にどのような点を紹介するか教えて欲しい」と依頼するのです。

例えば長所や短所、性格、能力的なものに関するもので象徴するようなエピソードなども知ることができるとかなり就活に活かせます。就活の時に利用したいのでとお願いすれば、きっと協力してもらえるでしょう。

他の人からみると以外に自分自身では気づかない良さやセ-ルスポイントになる観点も改めて知ることができ、就活時に役立ちます。また友達などの分析に協力することで、自分自身の長所や短所などに再度気づかせられるということもありますので、同様の依頼があればぜひ協力しましょう。

ステップ②企業研究

次に研究しなくてはならないことは、企業に対する内容です。あなたが志望する業界や企業が、どのような能力を求めているのか、どのような人を欲しがっているのかを理解しなくてはセールスポイントをアピールしても全く的外れなものとなってしまいます。

また、あなたが就こうとしている職種において必要な能力が何であるかを把握しておく必要もあります。例として営業ならば相手にすぐに好かれ、話をうまく持っていく交渉力がセールスポイントとして挙げられますが、経理ならば正確に計算し間違いなく帳簿に記載するポイントが挙げられるように、まったく違う能力が求められるためです。

これらを踏まえて、自分の志望する分野と結びつくように、セールスポイントを記載する必要があります。

セールスポイントの書き方

セールスポイントは何をアピールするのか、その内容も大切ですが最も大切なのは伝え方です。地味なセールスポイントでも、見せ方次第で説得力を持ちますので、どのように伝えれば最も効果的なアピールになるのか考えることが大切です。

セールスポイントを魅力的に見せるためには、具体的なエピソードを語り、会社のメリットになることを結論づけることを心がける必要があります。セールスポイントの好感度は履歴書の書き方で決まりますので、どのようにアピールするのかもしっかりと考えるようにしましょう。

セールスポイントはひとつに絞る

一番大切なポイントは、アピールするセールスポイントをひとつに絞って記載することです。あれもできる、これもできると自分が優秀であることをアピールしたい気持ちはわかりますが、採用担当者は毎日数え切れないほどの履歴書を見て採用を判断しています。

よって、あなたの履歴書を見た場合、何が一番得意でどのような能力を持っているのかということを、一目で理解してもらう必要があります。簡素にあなたの一番自信のある能力であり、あなたの志望する企業でも求められるであろうポイントをセールスポイントとして記載し、直接アピールするように記載すれば、他の人の履歴書と比較され検討される時に、一枚上手の履歴書として見られるでしょう。

具体的なエピソードを述べる

具体的な経験などについて書かれていると、審査をする場合にもその応募者のことがより把握しやすくなります。そしてエピソードの内容によっては、より好印象をあたえることができるでしょう。

具体的な エピソードの内容としては、ちょっとした経験であっても自分が何かに取り組んだことや、自ら考えて実際に行動に移したということなどをアピールするのがおすすめです。その結果として、成果などが出たことや失敗したことについて、そこまでの過程を交えて伝えるようにしましょう。それが、あなたのセールスポイントとなります。

表現が稚拙であっても、自分自身の言葉で記述することで説得力のある内容となります。エピソードを述べる際に、自分の特徴的な資質をキャッチコピーにし、それを具体的に説明してから自分が経験したことについて繋げるという方法も印象的な内容となります。より好印象のエピソードにするために、受験する会社にとって利点となる観点で構成をすることも重要です。

一言フレーズを作るといい

セールスポイントを書くときには、キャッチコピーのような一言フレーズを作るという方法があります。キャッチコピーのような一言フレーズは、インパクトがあるだけでなく、自分が伝えたいことを端的に伝えられます。さらに、キャッチコピーを読んだ相手に「これはどういう意味だろう」と興味を持ってもらえれば、その後の文章も興味を持って読んでもらえるのです。

一言フレーズを作るのが難しいと感じる人は、自分のセールスポイントを別の表現に置き換えてみましょう。例えば、いつも明るく元気なことをアピールしたい場合は、「私は太陽のような人間です」といったように、明るく元気なことを「太陽」と置き換えるだけで一言フレーズが作れます。一言フレーズを作って、セールスポイントを端的に伝えましょう。

結論を先に分かりやすく書く

セールスポイントを書くときには、まず最初に結論を書きましょう。履歴書において、文章の一番最初に書く内容はとても重要です。最初に書く内容の良し悪しで、同じセールスポイントでも印象が違ってきますし、その後の文章に対する興味も変わってきます。最初に結論を書くことで、「この人はこういうことを言いたいんだな」ということを理解したうえでその後の文章を読んでもらえます。

伝えたい結論を理解したうえで読んでもらえるため、セールスポイントのエピソードや理由を読む際も、「このエピソードはこの結論を伝えたいんだな」と分かりやすくなり、相手に伝わりやすいセールスポイントが書けるのです。また、誰が読んでも分かりやすい文章にするために、専門的な用語はあまり使わないようにしましょう。

一目で分かるように書く

履歴書を書くときには、一目で重要なポイントが分かるように書くことが大切です。採用担当者はたくさんの履歴書を読まなければならず、細かい部分まで読んでいる余裕はありません。たくさんの履歴書のなかで採用担当者の印象に残るためには、履歴書を一目見た瞬間に伝えたい内容や重要なポイントが分かるよう、書き方を工夫しなければなりません。

履歴書を一目見ただけで重要なポイントを伝えるためには、重要なポイントや結論を大きく書いたり、簡潔な文章でまとめるといった工夫が必要です。長い文章を書いてしまうと、何が言いたいのか分からないだけでなく、印象も薄れてしまいます。重要なポイントや結論をはっきりと目立つように書き、簡潔な文章で分かりやすい文章を書きましょう。

履歴書に記入するセールスポイントの例文

自身のセールスポイントを見つければ、いよいよそれを履歴書でアピールしていきましょう。セールスポイントは履歴書での書き方が重要ですので、相手に伝わることを意識して書き進める必要があります。

また、アピールしているセールスポイントが、本当に志望する企業にメリットをもたらすものであるのかも、もう一度確認しておくことが大切です。セールスポイントは自身を売り込むための大切な文章ですので、例文を参考にしてより完璧なアピールを作成していきましょう。

セールスポイント:パソコンスキルが高い

私は高いパソコンスキルがあり、大学時代にMOSの上級資格を取得しました。私はもともと大学時代に工場のパソコン処理のアルバイトをしていました。データ入力の仕事が主でしたが、慣れるうちに打ち込みも早く終わり、他の仕事もどんどん任されるようになりました。
さまざまな仕事をするうちにパソコンのスキルに興味をもち、独学で勉強してMOSの資格を取得するに至りました。大学時代に培ったパソコンスキルで、御社の事務職でも素早く事務処理を行い、活躍できると考えています。

この例文では、パソコンスキルがセールスポイントとしてアピールされています。まずポイントなのは文章構成です。最初に結論が語られ、その後に裏付けとなるエピソードが述べられています。最初に結論を提示することで、アピール内容を明確にし、相手に印象付けることができていますし、それを裏付けるようにエピソードが展開されていますので、説得力も増しています。

また単にパソコンスキルがあるのではなく、MOSの資格を持っているとすることでも説得力が上がっており、より高いレベルで能力がアピールできています。エピソードではなぜパソコンスキルを習得したのかが詳細に語られ、締めの文章でもパソコンスキルを活かして、企業で活躍する方法が具体的に示され好印象でしょう。

セールスポイント:ひとつのことを徹底的に突き詰める

私は一つのことを真っすぐに突き詰めることができます。大学時代に電子工学を専攻していました。電子工学の中でもジャンルはさまざまありましたが、電子機器を専門に研究しているゼミに所属し、そこで研究を行いました。複数のジャンルがあるため、幅広い知識やスキルを身に付けるためにも広く浅く学ぶ人も多くいましたが、私は電子機器だけを専門に学びました。
その結果、ゼミでは高い研究成果を上げることができ、大学内でも表彰されることになりました。私は大学時代に学んだ知識やスキルを活かして御社の技術職として活躍し、そこでも一つのことを徹底的に突き詰め、高い実績を残したいと考えています。

技術職志望編では、一つのことを真っすぐに突き詰めることができる性格が、セールスポイントとしてアピールされています。技術職は専門性の高い職種ですので、一つのことを突き詰められる性格は求められる資質の一つです。例文では電子工学の中でも電子機器を徹底的に学んだとありますが、これも専門性の高い技術職にとっては大きなアピールになるポイントです。

一般職では幅広い知識やスキルが必要なことも多いですが、技術職の場合は専門に特化したスペシャリストが求められる傾向にあります。一つの分野に特化していることで潰しが利きづらいというデメリットはあるものの、技術職としては大きなアピールになっています。

セールスポイント:コミュニケーション能力が高い

私はどんな人でも初対面で打ち解けることができるコミュニケーション能力があります。私の家族は活動的であり、小さな頃からさまざまな場所に連れていかれました。地域の寄り合いもあれば、父の友人のパーティ、母の同級生のホームパーティなど、とにかく多くの人が集まる場に連れていかれました。
そこにはさまざまな年代の人がいて、それらの人と関わっているうちに、どんな年代の人であってもすぐに打ち解け、仲良くなれるようになりました。私はコミュニケーション能力を活かして、御社でもクライアントとすぐに打ち解け、そして信用してもらうことでスムーズに仕事を進めていけると考えています。

営業職志望編では、コミュニケーション能力がセールスポイントとしてアピールされています。営業職にとってコミュニケーション能力は必須のものであり、職種として求められる能力とセールスポイントがリンクし、好印象です。また単にコミュニケーション能力があるではなく、どんな人でも初対面で打ち解けることができるとすることで、能力を具体的にアピールすることができています。

例文の中ではさまざまな年代の人と関わり、その中でコミュニケーション能力を高めたとあります。同世代と関わるだけのコミュニケーションではなく、さまざまな年代と関わることでコミュニケーション能力にも深みが出ており、これも好印象です。

セールスポイント:笑顔の良さ

わたしは、人と会話をするのが好きな方で、相手からは笑顔に癒されると言われることが多いです。
以前アルバイトで飲食店の案内係などを担当していたことがありました。その際にお客様を席へご案内するまでに時間がかかってしまったことがありました。その時に申し訳ないという気持ちを伝えながら笑顔で接客していると、お客様からそれほどのクレ-ムはありませんでした。
笑顔とともに席まで注文を取りに行った際に、お待たせしたことのお詫びやゆっくりと楽しんでいただきたいという声掛けもしました。お帰りの際にお客様から「ごちそうさまでした。」と声を掛けていただきうれしかったのを覚えています。
このような笑顔の接客でリピーターを増やすことができ、売上げにも貢献できたのではないかと思っています。貴社でも笑顔を絶やさずに業務に貢献して参りたいと思います。

例文のように、笑顔がコミュニケーションを図る手段となることもあります。相手を受け入れているという印象を与え会話につながるのが「笑顔」です。笑顔が素敵であるということは、アピ-ルポイントとなります。それが具体的な体験から述べられており、相手の立場を理解しそれに寄り添えるということは、社会人にとって重要なポイントです。また会社で働くようになってもそのような資質を活かして活躍したいと記述していると、審査をする場合にも引きつけられる文章となります。

セールスポイント:気配りができる

職場では、どうしても気配りが必要となることがあります。それが潤滑油のようになって仕事も進んでいくものだと考えています。それは、調整力とも関係するもので、それぞれの立場や意見を尊重した上で行動することが必要です。
大学時代にサ-クル活動でまとめ役をしていたのですが、ある時メンバー同士の意見が合わずに対立したことがありました。私は中立的立場をとって仲裁に入りました。そして双方の意見を相手方に分かりやすく説明して冷却期間を置き、双方が納得して関係を修復できるように持っていくことができました。その時からサ-クルのメンバ-も信頼してくれるようになりました。
その後は、自分の意見を発信した場合でも協力してくれる雰囲気となっています。貴社でもこのような気配りをして仕事が前進するように貢献していきたいです。

大学生活での気配りをしている様子がきちんと伝わる内容となっています。その後の人間関係やサ-クル活動が順調にいったという点も好印象となります。
さらに気配りのためには、周りの様子をしっかりと観察してより良い方向に持っていくための自分自身の意見も持っておく必要があります。その点について具体的に触れると説得力が一層増す記述となります。

セールスポイント:責任感がある

学生時代に販売の仕事のアルバイトをしていました。ある日置客様から商品についての問い合わせがあり、その商品が品切れになっていたので謝罪をしてお帰りいただくことになりました。
しかしそのままにしておくと、今後の販売でもお客様の要望にも応えることができないので、係の方に商品の注文をお願いすると共にお客様に商品が入った時にご連絡ができるようにしました。
さらに代替商品などについても調べて、このような場合に提案できるようにその商品のメリットやデメリットについてもまとめておきました。その後に商品が入った時にお客様に連絡すると大変喜んでいただけました。
この経験を活かし、貴社の業務においてもお客様に対する対応などを責任感を持ってしっかりと取り組んでいく所存です。

この例文は、逆境に立たされてもさまざまな工夫をして、あきらめずにその仕事内容を全うするという内容で責任感をアピ-ルしています。

履歴書で伝える経験は、大きな実績をあげたエピソ-ドでなくても構いません。学生時代のサ-クル活動やアルバイトなどで周りの方達の期待に応えるように責任感を持って行動したことや、その成果などを書くと説得力のある記述となります。

セールスポイント:協調性がある

大学生時代は、部活でサッカーをしていました。特に部活では、チームのサポート業務を遂行していました。実施内容の中には、日々のメンバーの工程表作りなどがあります。
それらは、単に機械的に内容を作成するというのではなく、各選手とのコミュニケ-ションを取りながらその選手の状態や意向も反映しなければなりません。そのため協調性を求められる役割です。
まずメンバーの声かけに始まり、その表情や体調を観察しながら無理のない行程を作成します。その成果もあり仲間同士での連携もでき、成果として得点率の目標を15%程度上回ることができました。このような部活動で培った協調性を活かして貴社の仕事に邁進して行きたいと考えています。

協調性をPRする内容としては、チームとしての状況をよく観察するようにして選手に寄り添いながらそれを活かしたデ-タ作りをするという点の評価は高くなります。さらに自身に求められていることをチ-ムの中でいかに行動できていたかという内容も良い表現です。

そして選手同士の連携を重要視し実践できるようにしているという面も好評価となります。いかに周囲の人達と円滑なコミュニケーションを取って協調性を発揮できるかを、成果につないで表現することがポイントとなります。

セールスポイントをアピールするには文章力も重要

セールスポイントを履歴書でアピールするためには、さまざまな注意点があります。そもそもセールスポイントとは何か、その意味を知る必要がありますし、自身の中で使えるセールスポイントを見つけ出すことも大切です。またアピールする内容が決まれば、それをどのように伝えるのかを考えていかなければならず、セールスポイントをアピールするのは難しいことでもあります。

セールスポイントをアピールする際のポイントは、さまざまありますが、特に履歴書での文章力が大切です。素晴らしい能力でも文章力がなければ伝わりませんし、地味な能力でも文章次第では魅力的なアピールにすることもできます。セールスポイントはアピールの仕方で印象が大きく変わりますので、文章にもしっかりと注意を払い、効果的なアピールを目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ